おすすめ情報

本の紹介

« | トップページ | よってたかって東京大会2012 »

2012年4月11日 (水)

ブログ紹介: 【堺からのアピール:教育基本条例を撤回せよ】

当ブログに書いた記事が、「堺からのアピール」ブログ(下記)に転載されたからか、きのうは多くのアクセスをいただきました。

ありがとうございます。

1日1000を超す、「堺からのアピール」ブログ、以下、管理人氏から。

<以下、転載>

大阪市立音楽団を廃止しようとする際、音楽士36人について橋下市長は、事務方が策定した事務職への配置転換案をけとばし、分限免職をとなえました。実は今回成立した府職員基本条例関連の条例には、余剰人員を分限免職できる規定が盛り込まれているのです。

「区民センターやプールの統合(全市で8~9へ)、市立小中学校の廃止(2年で1/3廃止)などなど、公共サービスから次々と撤退する案(7月決定!即実施)を打ち出していますが、その際そこで働く労働者について「分限免職」ができる規定なのです。

府立高校も同様。3年連続定員割れ(私立高校授業料無償化、少子化、学区撤廃で続出は必至です)で統廃合の対象となった学校に勤める教員も、その対象。これはあまり知られていません。君が代不起立への懲戒処分と並行してこのような首切りが公務部門でまかり通る可能性が出てきました」

「『統廃合で余った教師の分限免職』規定は残っていた!」
http://blog.livedoor.jp/woodgate1313-sakaiappeal/archives/5051221.html
「尼崎市長の危うい橋下評価」
http://blog.livedoor.jp/woodgate1313-sakaiappeal/archives/5034868.html
「歌わせる自由があれば、歌わない自由もある筈」
http://blog.livedoor.jp/woodgate1313-sakaiappeal/archives/5011988.html

« | トップページ | よってたかって東京大会2012 »

おしらせ」カテゴリの記事