おすすめ情報

本の紹介

« 【立ち読み】「高校生活指導」192号② 先生がつながる!つくる!学びあう“史上最強の遠足”① | トップページ | 【立ち読み】「高校生活指導」192号③ 先生がつながる!つくる!学びあう“史上最強の遠足”② »

2012年4月 3日 (火)

教員採用辞退率13、4%に①

毎日新聞の報道です。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120330-00000011-mai-soci

 2月、某所で、維新の議員さんに高校生が質問する機会がありました。

「3年連続で定員割れして学校が統廃合になったら、そこに勤める先生はどうなるんですか?」

議員さんの答えは、

「事務方の仕事をしてもらいます。それでも先生が余る場合は、ハローワークと協力して、学習塾の講師などの仕事をあっせんします」

職務命令違反や最低評価での「分限免職」が取り沙汰されてるけど、この、「学校がなくなったら分限」の条項はかなりコワイ。

給料安いことには耐えられたとしても、「たまたま勤務した学校が統廃合の対象になり、そのことによって府立高校教員でなくなった」はシャレになんない。

この件が明らかになったら、採用辞退者はもっと増える?!(続きます)

« 【立ち読み】「高校生活指導」192号② 先生がつながる!つくる!学びあう“史上最強の遠足”① | トップページ | 【立ち読み】「高校生活指導」192号③ 先生がつながる!つくる!学びあう“史上最強の遠足”② »

大阪の教育の明日を考える会」カテゴリの記事