おすすめ情報

本の紹介

« 武庫川廃線跡遠足速攻感想です② | トップページ | 最新刊いよいよ発刊。キーワードは「スキマ」です。 »

2012年5月10日 (木)

「だれが言ったか」「何を言ったか」

サトウです。

この間、大阪維新の会の議員さんとも一緒に、いまの、そしてこれからの大阪の教育について議論し、シンポを企画したりしてきました。

その際のルールは、「“内容”は批判しても決して“人”は批判しない」。
「だれが言ったか」ではなく、「何を言ったか」を思いっきり大切にしてきました。

「様々な立場の方とお話できたのは、本当にすばらしい経験でした」
「品性をたもちつつ議論するのは、楽しいですね」

シンポ後、維新の議員さんからもそんな感想をいただき、納得しあいました。

その意味で、先日の、「大阪市長・テレビ記者に激怒」の会見は残念です。

とかく「維新の言うことだから」と全否定したがる人も多い(あえて言います)自分と同じ「条例反対派」の人たちに対しても、かなりの「苦労」をしながら、議論できる場をつくりましょうと呼びかけてきた者からすれば、「建設的議論」がまた遠のいてしまった――残念です。

前向きに、安心して議論しあえる世の中こそめざすべき世の中。がんばります。
「建設的」をめざす維新の議員さんたち、どうか一緒に「がんばって」ください!

(PS)
「したこと」で言うと、私は先のMBSの記者さんがつくった番組(アメリカの「落ちこぼれゼロ法」を取材した番組)は、力作だと大きく評価しています。

私たちのルールでは、内容(番組)に対する批判はOK、人への批判はNG。

この番組をもとに、「アメリカの落ちこぼれゼロ法の評価は果たしてどうなのか」「この法律と成案となった大阪の教育基本条例はどこが同じでどこが違うのか」「施行するうえで何を教訓にできるのか」等、研究者、保護者や子どもたちそして維新の議員さんとも一緒に、ぜひ議論したいです。

(文責・佐藤功)

« 武庫川廃線跡遠足速攻感想です② | トップページ | 最新刊いよいよ発刊。キーワードは「スキマ」です。 »

大阪の教育の明日を考える会」カテゴリの記事