おすすめ情報

本の紹介

« 【立ち読み】「早蕨」6月号② 史上最強の遠足 第3弾!福知山線廃線跡ハイキングとBBQ | トップページ | 【告知】「みんなで学校選択制について語ろう」シンポ »

2012年7月 9日 (月)

新「大阪高生研」について、事務局会議で議論します。

7月14日(土)13:00~17:00 たかつガーデン「百合」で事務局会議を開きます。新「大阪高生研」の議論、その他7月例会や東京大会などの議事もりだくさんです。よろしくご予定ください。

大阪高校生活指導研究協議会・大阪高生研(仮称)発足の議論に向けて(首藤私案より)
                                        
◆はじめに
 今年夏の新高生研の発足にともない、高生研大阪支部としての「大阪高生研」はあらたな組織としてスタートすることになります。これまでのサークル組織の在り方で見直すべきところは見直して、より楽しいサークルにしていきたいと考えます。会員のみなさんの積極的な発言をお願いしたいと思います。

◆大阪高生研の現状
◆(参考)98年版の大阪高生研の活動方針
◆2012年『総会議案書』から

基本方針
1.いろいろな機会を通じて全国会員・早蕨会員の「学びの要求」を掘り起こし、ベテラン・中堅・若手がともに学び合う旺盛なとりくみを工夫する。特に例会企画や早蕨編集などのとりくみに積極的に新人・若手を誘い、全国会員になってもらえるようとりくみを強める。遊び心を大切にして元気がでる活動を追求する。
2.若手の問題関心や学びの要求にもとづいて、若手自身が積極的にとりくめるよう工夫する。
3.教育系サークル等の団体、教育に関心のある個人や団体、さまざまな分野の専門家と積極的に協働していく。また、大阪高生研がこれまで交流を深めてきた活動(「法教育勉強会」「司法書士会高校生法律講座」など)をさらに充実・発展させていく。
4.早蕨は「かるく・たのしく・あたらしく」! をモットーに発行する。
5.全国高生研の組織改編・新高生研のたちあげにあたり、積極的に議論をすすめる。
6.大阪府教育基本条例案の問題性について広く議論をおこしていく。
7.新「大阪高生研」を今年の秋をめどにたちあげる
    事務局会議を中心に、下記の課題につき検討する。
  ・会則と会費を定める
    新全国高生研とは対等、平等の関係とする 新全国高生研との関係
    個人加盟制の組織とする。事務局をおく 
・機関誌発行や例会などの研究活動を行う。
・研究指標をさだめる
   大阪の教育課題をふまえ、高校生や同世代の青年の発達課題、社会的移行の課題に応える実践と理論研究を行う。ベテランから若手まで広範な会員(正会員・早蕨会員)に論議に加わってもらうよう工夫する。
8.9月をめどに臨時総会を開催する。

以下、研究活動方針、早蕨 活動方針(案)など。

« 【立ち読み】「早蕨」6月号② 史上最強の遠足 第3弾!福知山線廃線跡ハイキングとBBQ | トップページ | 【告知】「みんなで学校選択制について語ろう」シンポ »

事務局だより」カテゴリの記事