おすすめ情報

本の紹介

« 【立ち読み】「早蕨」8月号⑫  一般分科会「A君の成長にかかわって」に参加して | トップページ | 10月例会はいよいよ今週土曜日(13日)です »

2012年10月10日 (水)

【立ち読み】「早蕨」8月号⑬ 一般分科会 「主権者は主催者から ~作って、食べて、つながって、めんどうくささを楽しむ~」

新しい「高校生活指導No.194号」の巻頭を飾った記事が橋本純さんの「作って、食べて、つながって、めんどうくささを楽しむ」であった。巻頭にどんな記事を持ってくるかが編集長の腕の見せどころで、これ如何によって読まれ方、さらには売り上げに影響する。だから、とびっきりの記事が用意されたのだと思う。私も校正の段階で読ませてもらい、フットワークの軽いユニークな実践をされていると感じた。さて、その実践が全国大会の一般分科会で分析されるという。

この実践を全国の高生研会員がどのように分析するのか、大変興味を持って出席した。 記事を読んだときに想像していた橋本先生のイメージと、実際に話をうかがった先生のイメージではずいぶん違った。うまく表現できないが、あえて言えば、文章を読んだときのイメージは文章のタイトル「作って、食べて、つながって、めんどうくささを楽しむ」が示すように、軽い気さくな感じの方を連想していたが、お会いしたときのイメージは、分科会のタイトル「主権者は主催者から」のように一本の筋が通った実践家のように感じた。さて、分析の内容は・・・(以下略)

(下略。西村康悦。「早蕨」8月号。購読申し込みは、左記、「メール送信」へ)

« 【立ち読み】「早蕨」8月号⑫  一般分科会「A君の成長にかかわって」に参加して | トップページ | 10月例会はいよいよ今週土曜日(13日)です »

早蕨(さわらび)」カテゴリの記事