おすすめ情報

本の紹介

« 【本】書評ありがとうございます③ 『えーっ!バイト高校生も有給休暇とれるンだって!』 | トップページ | 【ご案内】オランダ在住・教育研究者 リヒテルズ直子氏講演会 »

2012年10月 3日 (水)

【立ち読み】「早蕨」8月号⑩ 全国大会に行ってきたよ②セーフティーネットとしての学校づくり分科会に参加して

   これまで何度か大阪で報告されてきた長野さんの実践、今回は全国大会で1年生の学年主任として奮闘した1年間の実践を総括し、今後「セーフティーネット」を学校で実現することはどういうことかなのかという議論になると思い、参加させていただいた。1日通しの分科会ということで、体力的・精神的にもハードな分科会であるが、参加者は30名近くおり、主にベテラン教諭と学生が多い分科会であった。

(中略)

  個人的な感想としては、「市民」という定義が各々によって違っていて、「セーフティーネットとしての学校づくり」に果たしてどれだけ生徒が参画しているのか、もしくは、なぜ生徒が参画できないのかという議論につながらなかったのが残念であった。

もちろん、学校に来ない、来ることができない生徒が多く、基本的な生活習慣ができていないことが原因の留年、退学が多い学校の現状もあって、「適格主義的な部分」が必要なのも理解できる。だから、2年後に3年間の「セーフティーネットとしての学校づくり」の実践としてふり返ることが、本当の意味での議論になるのではないかと思い、まだまだ苦労は絶えないであろうが、ぜひ奮闘し続けていただきたいと思う。

(下略。三木啓司。「早蕨」8月号。購読申し込みは、左記、「メール送信」へ)

« 【本】書評ありがとうございます③ 『えーっ!バイト高校生も有給休暇とれるンだって!』 | トップページ | 【ご案内】オランダ在住・教育研究者 リヒテルズ直子氏講演会 »

全国大会」カテゴリの記事