おすすめ情報

本の紹介

« 高校生版「いじめられている君へ」 | トップページ | 朝日新聞にて紹介されました。 »

2012年11月 7日 (水)

【立ち読み】「早蕨」10月号① 大阪高校生活指導研究協議会・大阪高生研(仮称)発足の議論に向けて

◆はじめに
 今年夏の新高生研の発足にともない、高生研大阪支部としての「大阪高生研」はあらたな組織としてスタートすることになります。これまでのサークル組織の在り方で見直すべきところは見直して、より楽しいサークルにしていきたいと考えます。会員のみなさんの積極的な発言をお願いしたいと思います。

◆大阪高生研の現状
①全国高生研の大阪支部である。2011年度  (2012年5月現在)正規会員は39名である。
②全国に約200名の早蕨会員を擁している。
③正規会員は口座引き落としの会員が16 名 現金会員が23名である。
④早蕨会員からは年2,000円の誌代(年8回)をいただいている。
⑤早蕨の発行経費は年8回でおよそ1,000円(紙代等・郵送料)であり、原稿料は支払っていない。
⑥早蕨の利益でサークル運営にあてており、例会等の参加費は、早蕨会員を原則無料としている。
⑦正規会員のうち銀行引き落とし会員からは早蕨代は不徴収としている。
⑧正規会員のうち、現金会員からは早蕨代を1,000円徴収している。

■論点提示
 ・会の名称
 ・全国高生研と大阪高生研の関係
 ・会費は1,000円か 2,000円か
 ・早蕨の発行体制について
   年8回(6回)体制は可能か
 ・旅費規程のありかた

(首藤広道。「早蕨」10月号。購読申し込みは、左記、「メール送信」へ)

« 高校生版「いじめられている君へ」 | トップページ | 朝日新聞にて紹介されました。 »

早蕨(さわらび)」カテゴリの記事