おすすめ情報

本の紹介

« 年頭にあたって | トップページ | 【立ち読み】「早蕨」12月号 「早蕨」12月号④ ぜひ読んで!この2冊 ② 貧困のなかでおとなになる »

2013年1月 3日 (木)

【立ち読み】「早蕨」12月号 「早蕨」12月号③  ぜひ読んで!この2冊① 戦火の子どもたちに学んだこと 

  戦火の子どもたちに学んだこと 
                                                    西谷文和著 かもがわ出版
 
  先日、民放で放送された西谷さんのシリア取材の様子を見た。トルコから陸路、山本さんが殺されたアレッポまで潜入し、いつ政府軍に狙撃されるかわからない、いつロケット弾が飛んでくるかわからない場所での、まさに命がけの取材だった。そんな、西谷さんの勇気で、私たちはシリアをはじめイラク、アフガニスタンの真実を知ることができる。

  もうひとつ、西谷さんの取材の特徴は、取材先のその場所その場所で、弱い立場に立たされている子どもたちの様子をカメラに収めていることだ。それだけではなく、日本で「イラクの子どもを救う会」を立ち上げ、毎回取材のたびに毛布や医薬品を届けているのだ。また、ときには重症を負った子どもを、これも命がけで設備の整った病院に送り届けたりもする。この本には、空爆で片腕をなくした子や地雷で片足をなくした子、アメリカが落としていった劣化ウラン弾の影響で生まれながらに奇形だったり、幼くしてガンに侵されたりした子どもたちが出てくる。そんな大変な状況に身を置きながらも、写真に写る子どもたちの笑顔はあどけなく可愛くて、心が癒される。西谷さんが「子どもたちに学んだ」と題した思いを、そして戦火の残る地域でけなげに、またたくましく生きている子どもたちに思いをはせて、ぜひとも読んでもらいたい1冊である。

(西村康悦。「早蕨」12月号。購読申し込みは、左記、「メール送信」へ)

« 年頭にあたって | トップページ | 【立ち読み】「早蕨」12月号 「早蕨」12月号④ ぜひ読んで!この2冊 ② 貧困のなかでおとなになる »

早蕨(さわらび)」カテゴリの記事