おすすめ情報

本の紹介

« 【いよいよ本日】2月3日は「実践例会&飲み食いしながら映像みよう」の会です | トップページ | 【2月例会報告】当ブログから生まれた新聞記事です。「映画『i-changer~さよなら過去の自分~』 »

2013年2月 4日 (月)

映画『i-changer~さよなら過去の自分~』制作をふりかえって 

みなさん、こんばんは。首藤です。

2月例会は、佐藤さん提案の実践分析例会。「映画『i-changer~さよなら過去の自分~』制作をふりかえって」 そこは、佐藤さんのこと。普段とはちょっとひと味違う仕掛けが・・。

この映画は大阪南部の定時制過程の生徒会執行部がMさん、Kさん、Sさん3人の顧問団の指導のもとに、映画をつくる。そこには、顧問Mさんの「毎年1つずつ生徒会活動を増やしていく」「毎日の小さな積み重ねが未来につながるんだと生徒に思ってほしい」という思いがあった。

そこから、3人の顧問団と生徒会役員のとりくみがはじまる。シナリオのコンセプトは教員が示し、肉付けは生徒の声や実体験をヒントにしようと、話し合いをもつ。シナリオ作りの過程では、生徒たちの学校への思いや生きづらさが語られる・・・。その中でつながりを深める生徒たち。しかし、進める内に、トラブルメーカーでかつ即戦力のSさんと他の生徒の葛藤、離反・・・。そしてできあがあがった映画は・・・。「大阪府校長協会定通部賞」「大阪府芸術文化祭優秀賞」・・・。その結果は朝日新聞で近日(今日の朝刊?)紹介の予定・・・。31歳のMさんと教師2年目のSさんに初任のKさん。この3人のチームワークが生徒たちの思いを引き出したのかなあと・・・。

今日は、14名の参加でこじんまりとしていましたが、そこは佐藤企画。ひと味違う仕掛けの
・その①。場所は、梅田近くのマンションの一室。シネマ館。三月閉館が惜しいが格安で使える映像スペース。

・仕掛けその②、もちろん映画上映。それに加えて階下が台湾料理屋。そこから料理を持ち込んで2次会。

・仕掛けその③。その2次会では参加者から各校紹介のビデオもちより上映会。なかなか楽しい企画でした。

なお、この実践は高生研近畿ブロックゼミナールで3月9日(土)に報告・分析されます。

未見の方は、ぜひ大津までご一緒しましょう。

追伸:先日の体罰問題緊急集会には多数お集まりいただきありがとうございました。今日の例会に先立つ午前中に、事務局で一定の総括を行いました。あらためて

①指導とは何かをきちんと考えていくこと 
②どういう生徒像を育てるのか、理不尽な体罰に異議を唱える生徒を育てること 
③そういう生徒が育つ学校をどうつくっていくのか 

という問題を今後も考えていくことが確認できたと思います。これは2月発行の早蕨で報告したいと思います、こうご期待!!

« 【いよいよ本日】2月3日は「実践例会&飲み食いしながら映像みよう」の会です | トップページ | 【2月例会報告】当ブログから生まれた新聞記事です。「映画『i-changer~さよなら過去の自分~』 »

例会・学習会」カテゴリの記事