おすすめ情報

本の紹介

« 「誰が、何のために、「君が代」不起立教員を学校から排除しようとするのだろうか?」 | トップページ | 【立ち読み】「早蕨」2月号③ 特集 市立高校における体罰事件から考える―暴力のない学校をつくるとは―② »

2013年2月24日 (日)

さあ、3月9日は「近ブロ(近畿ブロックゼミ)」in滋賀・大津① 全体会ご案内です。

大津での「近ブロ」、詳細が少しずつ明らかに。

まずは、全体会のご案内を。

<以下>

講演者の藤木さんは、今年の全生研京都大会の基調提案者、昨年退職された京都の中学校の実践家です。

最近、大津いじめ事件のこともあって、滋賀で2回、講演がありましたが、実践をふまえた話で非常によかったです。理論的にもしっかりした話でした。

先日の講演を聞かれた方々も実践をふまえた話で説得力があったと感銘を受けられていた様子でした。

近ブロでは講演を含めて3時間とって、班討論で、高校現場からの応答という感じで藤木さんの話を深め、18歳を市民にしてゆく道を探っていければと思います。
                                             (滋賀・Fさんより)

「近ブロ(近畿北陸ブロックゼミ)」 in滋賀・大津

テーマは「子ども・若者の生活世界を読み解く」

●3月9日(土)  10:00~16:45
●大津市教文会館
●参加費は1,000円(学生は500円)

●実践報告×分析  10:00-12:30

①「異議」あり! 高校教育(滋賀)  特別支援教育
②学びの原点を体験する(京都)  授業
③『i-changer~さよなら過去の自分~』制作を振り返ってPARTⅡ (大阪)  集団づくり

●講演×対話・討論  13:45-16:45

子ども・若者の生活世界と関係性を育む指導
     by 京都生活指導研究協議会 藤木祥史 さん

(「参加するよ」はどなたでも。左記「メール送信」でメールください)

« 「誰が、何のために、「君が代」不起立教員を学校から排除しようとするのだろうか?」 | トップページ | 【立ち読み】「早蕨」2月号③ 特集 市立高校における体罰事件から考える―暴力のない学校をつくるとは―② »

近畿北陸ブロックゼミ」カテゴリの記事