おすすめ情報

本の紹介

« さあ、3月9日は「近ブロ(近畿ブロックゼミ)」in滋賀・大津① 全体会ご案内です。 | トップページ | 【学校現場からの意見表明 »

2013年2月25日 (月)

【立ち読み】「早蕨」2月号③ 特集 市立高校における体罰事件から考える―暴力のない学校をつくるとは―②

下川和男さん(弁護士・大阪弁護士会)のお話

大阪高生研各メンバーが授業等でもずっとお世話になっている下川弁護士は、今までにも少年事件を和多く手がけておられます。

「世の中には「許される暴行」もある。教師が生徒に対して殴打する場合、許されるのは「正当防衛」と「緊急避難」だけである」

と喝破。「暴行を見せられる苦痛や止めなかったことへの罪悪感」の話もされました。

(下略。「早蕨」2月号。購読申し込みは、左記、「メール送信」へ)

« さあ、3月9日は「近ブロ(近畿ブロックゼミ)」in滋賀・大津① 全体会ご案内です。 | トップページ | 【学校現場からの意見表明 »

早蕨(さわらび)」カテゴリの記事