おすすめ情報

本の紹介

« 【ご案内】シンポジウム:梅田の野宿者襲撃殺人事件を考える | トップページ | 【立ち読み】「早蕨」2月号④ ぼんの、る・く・る!~演劇の魅力について語る~ その④ »

2013年3月 2日 (土)

大阪 "教育条例” 制定から1年。さて、大阪の教育は?

大阪の教育の明日を考える会主催「大阪 "教育条例” 制定から1年 大阪の教育どうなるん !? 立ち止まって検証してみよう集会」を、下記要領にて開催します。企画内容の詳細が決まりしだい、改めてお知らせを掲載します。

日時:2013年5月26日(日)午後2時~5時(最大延長午後6時まで)
場所:大阪大学中之島センター 7階 セミナー室
 アクセス:
http://www.onc.osaka-u.ac.jp/others/map/index.php

【企画趣旨】
 「大阪府教育行政基本条例」「大阪府立学校条例」が制定されたのは昨年3月のこと。ほぼ1年が経過します。その後7月には「大阪市立学校活性化条例」も制定されました。以後、大阪では「授業評価」「学校選択制導入」「府立高校学区撤廃」「学校協議会」など、矢継ぎ早やの改革がすすみつつあります。

 一昨年秋の「教育基本条例案」以来、私たちは「大阪の教育 "不安の声”」と題して大阪の "教育改革” に懸念を示してきました。一連の改革は子ども・生徒たちをどこに導こうとしているのか、また、発達と成長はどう保障されるのか、あらためて考える必要がないでしょうか。改革が具体化されつつある今、この間の「よくなったこと」「悪くなったこと」を、立ち止まって考えてみませんか。

 「とりかえしがつかない」とならないために・・・。 .

詳細は、 http://kyoikunoashita.sakura.ne.jp/

« 【ご案内】シンポジウム:梅田の野宿者襲撃殺人事件を考える | トップページ | 【立ち読み】「早蕨」2月号④ ぼんの、る・く・る!~演劇の魅力について語る~ その④ »

大阪の教育の明日を考える会」カテゴリの記事