おすすめ情報

本の紹介

« 【いよいよ明日】今年もやります、大阪大学学生向け1日講座 | トップページ | 教職希望学生さんに「緊急HELP!」(上) »

2013年4月20日 (土)

史上最強の遠足第4弾「ものの始まりは堺と申しまして~グルメコース」②

史上最強の遠足第4弾「ものの始まりは堺と申しまして~グルメコース」、担当代行のイヌマです。

コンペイトウのあとは、大阪夏の陣のあと、再建された堺の町並みが残るあたりをぶらぶら。線香の薫主堂や鉄砲鍛冶屋敷(非公開)の斜め向かいにある鉄砲館は、歴史文化コースでなくても覗きたいもの。
堺火縄銃保存会のおじさんがボランティアで熱く語る鉄砲の歴史は聞き物です。

鉄砲館からまっすぐ南に突き当たると、鳳翔館という古民家。無料でお茶とお菓子を出してくれます。「注染」という堺独特の染め方によるタオルなどが展示してあるので、販売店なのかと思いきや、「いえ、休憩所です。」(!?)
まったくのボランティアでやっているとのこと。どこに行ってもボランティアのおっちゃんおばちゃんがうんちくを語ってくれます。ボランティアというより、井戸端の話し好きの人があちこちにいるという感じ。

鳳翔館の東側に、知る人ぞ知る、どとんこつラーメンの希望軒(ラッキー軒)。根強い人気です。

電車道に出て南へ。チン電2駅ほど行くと右手に堺伝統工芸館。ここは堺の伝統産業である打刃物、線香、おぼろ昆布、茶菓子、ゆかた、緞通などの日替わり実演やビデオ上映と展示販売があります。手っ取り早くおみやげを買うには便利。ただしここでも熱いボランティアのおじさんが話したそうに待ちかまえています。

堺伝統工芸館を出てさらに南に行くと、ザビエル公園。あのザビエルさんが京都の将軍にキリスト教布教の許可を得ようとはるばる旅の途中で泊まった豪商の家があったところとか。この公園の横にあるビフテキの南海グリル。堺の老舗のステーキ屋で味もいいけど値段もいい。なので僕は食べたことがありません。(奥さんは会社の歓送迎会でよく利用していますが)

でも、がっかりする必要はありません。南海グリルの一角になぜか宮崎県の物産店が入っていて、ここのコロッケ80円が極上!よくある「肉屋のコロッケ」と称しながら、べちゃべちゃと調味料の味だけのがっかりコロッケとは違い、ここのコロッケは食感もしっかりした旨みある肉がごろごろ。じゃがいものほくほく感もたまりません。聞けば南海グリルで出しているものと同じだとか。ミンチカツ100円も、「うん!これはフライしたハンバークだ!」と言えるほど、肉が主張します。
穴場的おすすめです。(つづく)

« 【いよいよ明日】今年もやります、大阪大学学生向け1日講座 | トップページ | 教職希望学生さんに「緊急HELP!」(上) »

例会・学習会」カテゴリの記事