おすすめ情報

本の紹介

« 教職希望学生さんに「緊急HELP!」(中) | トップページ | 史上最強の遠足第4弾「ものの始まりは堺と申しまして~グルメコース」③ »

2013年4月24日 (水)

教職希望学生さんに「緊急HELP!」(下)

昨日記事からのつづきです。

さて、ここから先はこれから発売の『月刊生徒指導』6月号(学事出版)のネタバレになるので、学生さんたちの「頼もしいアイディア」の見出しだけ抜粋します。

① まず、生徒の意見(ホンネ)をしっかりきくべし。
②クラスで話し合う。教師の思いを伝える。
③普段からクラスのコミュニケーションを。
④「リーダー」をどうみる?

 以下、「まとめ」の部分を。

 私は、クラスでさまざまな「困ったこと」に直面したときに、「わからんかったら生徒にきけ」をモットーにしています。

 教師自身のちっぽけな経験をもとにあれこれ考えるより、30数人いる生徒たちに「困ってるんだけど、これ、どうしたらいいと思う?」とHELPを出したほうが、名案をいただけることが多いのです。クラスの中でたった1人でもいい。「これ使えるやん!」と手を打つような案が出てくれたら儲けもの。たとえそれがなくても、「担任はこの件を何とかしようとしているんだ」というメッセージは、生徒たちにしっかり伝わります。

「1人でできなきゃ寄ってたかって」
 このことばこそ、だれでもがカリスマ教師になんぞなれるわけではないと考える、われわれおまかせHR研究会の“会是”でもあります。

(おわり。サトウ)

« 教職希望学生さんに「緊急HELP!」(中) | トップページ | 史上最強の遠足第4弾「ものの始まりは堺と申しまして~グルメコース」③ »

おまかせHR研究会 」カテゴリの記事