おすすめ情報

本の紹介

« 【立ち読み】「早蕨」6月号② 遠足いろいろ① 史上最強の遠足in堺 | トップページ | »

2013年6月25日 (火)

【立ち読み】「早蕨」6月号③ 高生研第51回全国大会 2013夏in京都見どころ紹介(上)

  今年の全国大会は、京都でひらかれます。三日間、たくさん学べ、たくさん楽しめる企画が目白押しです。一日だけでも、一緒に学びませんか。
 ここでは、独断と偏見(とこれまでの参加経験)から、みどころを紹介します。

○一日目(8月3日)
 まず、これまで練りあげてこられた基調発題の学習ははずせません。今年は、青森の酒田孝先生が、「話し合いの文化を学校に」という題で、生徒会活動を中心とした実践にもとづいて提案されます。生徒会執行部による各クラブとの予算交渉、生徒総会の場での議論、文化祭で「一ヶ月だけの演劇部」が生まれる過程、そこでの生徒の成長・・・話し合いによって生徒が変わる、学校が変わる、それをどう教師が指導していくか。基調発題をもとに皆さまと議論していきたいです。

 ちなみに、全体会は同志社高校の教会で行われます。広くてステンドグラスがおしゃれで・・・全国フォーラムの際に見学し、感動しました。並んで腰かけていた大阪高生研のおっちゃんたちに、思わず「似合いませんねぇ」と言っちゃったくらいです(失礼しました)。ただし、木製の椅子でクッション性がありません。4時間も座っていたら、お尻が痛くなりそうです。座布団を持参すべきでしょう。

 一日目の夜は、交流会が複数開催されます。大阪メンバー佐藤先生の企画は、大津いじめ自殺事件を追いかけてきた記者さんに、過熱報道の実情を語ってもらうものです。

(つづきます。平田知美。「早蕨」6月号。購読申し込みは、左記、「メール送信」へ)

« 【立ち読み】「早蕨」6月号② 遠足いろいろ① 史上最強の遠足in堺 | トップページ | »

早蕨(さわらび)」カテゴリの記事