おすすめ情報

本の紹介

« 【再掲】今年もやります「ザ・安宿」。残席あと10です。 | トップページ | 【立ち読み】「早蕨」6月号③ 高生研第51回全国大会 2013夏in京都見どころ紹介(上) »

2013年6月24日 (月)

【立ち読み】「早蕨」6月号② 遠足いろいろ① 史上最強の遠足in堺

(前略)参加者のみなさんと訪れた、与謝野晶子の出身校・堺高等女学校の後身である大阪府立泉陽高校の中庭にある詩碑。晶子が日露戦争のさ中に発表した「君死にたまふこと勿れ」の初連の八行が大きな字で刻まれていた。

 この定型詩、直接的には戦場に赴いた弟の無事の帰還を願ったものであるが、これを読んだ詩人で評論家の大町桂月が「乱臣賊子」と罵倒し「国家の刑罰」を与うべしと絶叫した。晶子はそれに対して、これは肉親を戦争にとられたすべての人に共通する「まことの心」をうたったものであると、反論。そしてこれは、古今東西を通じてかわることのない「まことのなさけ」「まことの道理」である、と述べている。つまり晶子は、人類共通の普遍的心情をうたったのだと言っていい。

(中略)
 
今年の大阪高生研「堺遠足」はいかがでしたか。「堺の魅力を改めて認識した」という声をたくさんいただいた。歴史と伝統産業(技術)に茶の湯と、それにつながる伝統和菓子、それに与謝野晶子…魅力がテンコ盛り!!それに気づいていなかったのが、堺市当局。政令指定都市になることばかりに躍起になっていた。僕が堺市民であったころ(1994年~2001年)「歴史と和菓子と晶子そしてチンチン電車でまちづくりを」と市役所に提言の投書をしたことがある。市もようやく思い腰をあげたか!?「観光堺」がめに見えるようにはなってきたが…。

 ぜひ、また堺へ。案内のご相伴ならいつでもさせてもらいます。

(中村 貴彦。「早蕨」6月号。購読申し込みは、左記、「メール送信」へ)

« 【再掲】今年もやります「ザ・安宿」。残席あと10です。 | トップページ | 【立ち読み】「早蕨」6月号③ 高生研第51回全国大会 2013夏in京都見どころ紹介(上) »

早蕨(さわらび)」カテゴリの記事