« 「高校生活指導 18歳を市民に」196号ができました! | トップページ | 番組のご案内「終戦」にちなんで・・・ »

2013年8月12日 (月)

大会いろいろ・・・

こんにちは、事務局長の首藤です。今年は、ぼくたち高生研と全国生活指導研究会(全生研)の大会が京都、歴史教育者協議会(歴教協)が大阪、教育科学研究会(教科研)が大阪と、馴染みの教育サークルが関西で大会を開くケースが多かった。歴教協には1日参加で内田樹さんのお話を聞き、そのあと、高生研に3日間通しで参加、全生研とのコラボ企画で全生研もちょこっと参加。教科研はレポートを頼まれたこともあって3日間参加。どれも本当に良い勉強になりました。ちなみに9月には日本生活指導学会(これは学会)が和歌山大学である。こちらも行くつもり・・・。
なぜ、関西か?たまたまかもしれない。やはり大阪の教育改革への危機感は大きいと思った。これが全国を席捲するか押し返せるか・・・大きな節目にあるな感じる。それと、やっぱり3.11とフクシマは忘れたらアカンということを改めて思った。特に教科研で小出裕章さんのお話を聞いてそう思った。小出さんの話は4回目やけど、核と原子力の違いはないわ。共存できないわ。国をあげて被災地の復興、福島の復興にとりくまないと・・・。ストレートには何ができるかわからんけど、とにかく生徒と考え続けること問い続けることはできるかなと思いました。

« 「高校生活指導 18歳を市民に」196号ができました! | トップページ | 番組のご案内「終戦」にちなんで・・・ »