おすすめ情報

本の紹介

« 夏の終わりに……「小さな実践報告会」のお知らせ | トップページ | 【立ち読み】「高校生活指導」196号① 「ワクワクスタートダッシュで春の遠足」 »

2013年8月29日 (木)

イギリスで「ザ・遠足」⑤

(前回の続き、最終回になります)

 これらの文章は、現地教育スタッフのパソコンでプリントアウトしてもらう際に、「プレゼント」として、デスクトップに保存してもらった。

「今度、日本人高校生グループが研修に来て、フリーの日をどうしようか、と悩んでいたらお伝えください」

 こう言ってにっこり笑う。

 えっ? もちろん、英語でそう伝えたんですよ。
 相変わらず単語を並べているだけなんだけど、2週間近く英語のなかで過ごしていると、「英検4級不合格」が最終英語学歴(?)のぼくでも、思いが伝わる程度のコミュニケーションを取れるようになっていました。

以下、現地スタッフに渡した「まとめ」より、抜粋。
 
<実際にやってみて>
・実施に実費(バス代)がいるので、オプション企画とした。28人中20人が当企画に参加。残り8人は「宿舎でゆっくり」を楽しんだ。
・ノッティンガムは市内にショップ等が集中し、また、人も安全、親切であるため、この種のゲームには最適であると感じた。
・バス料金は学生1£。ただし、バス料金は示さず、生徒に尋ねさせた。
・「バス停はバス通りまで出ること」と指示。大学門前停留所は不可。
・「28番」もしくは「Y28番」のバスが頻発。「ビクトリアセンター」行きに乗るよう指示。
(ほかのバスでも市内に着くバスならOKだが、帰りのバスは28番のビクトリアセンターバス停から乗るので、28番で行くと帰りがわかりやすい)
・日曜日は店が閉まっている可能性あり。インフォメーションも早く閉まる。
・本校では、2日前に市内半日観光があったので、オールドマーケットスクエアの一角を集合地とした。
・15:15~15:30に一度集合し、希望者は17:30までショッピングを認めた。
・帰りのバスは「Jubilee Campus」で下車。下車前に車内ボタンで連絡。
・なお、バスの大人料金は、1,7、1,6、1,5の3種類のときがあった。
・全班無理なく「ミッション」をこなし、バスで往復した。「連れ歩かれるだけ」でなく、また、気さくに現地の人と交流もでき、自信になったようだ。 

<以上>

<この日の担当・Nさん(2年生)の「ダイアリー」>

今日はfreedayだったので、私たちのグループは午後からノッティンガムに行きました。市バスで向かい、現地の人たちにインタビューをしました。内容は……中略……を尋ねたところ、温かく答えてくれました。
 1人目はエチオピア人の方で、2人目の方は子連れの方で、①・②それぞれ、「ロビン・フッド」、「very nice!!」でした。③の内容についてはとても嬉しい内容でした。このような経験が初めてでき、とても良かったです。

●番外・・・イギリスで「労働条件正常化要求運動」
 
※割愛します。この話もぜひきいてほしい。

(以上です。サトウ)

« 夏の終わりに……「小さな実践報告会」のお知らせ | トップページ | 【立ち読み】「高校生活指導」196号① 「ワクワクスタートダッシュで春の遠足」 »

点描」カテゴリの記事