おすすめ情報

本の紹介

« 「高校生活指導」196号の販売普及大作戦 | トップページ | 夏の終わりに……「小さな実践報告会」のお知らせ »

2013年8月26日 (月)

イギリスで「ザ・遠足」④

(イギリスで行った「班別シティ・オリエンテーリング」、前回のつづきです)

さっそく、以下の「ミッション」を策定し、生徒たちに提示しました。

<以下>

チャレンジコース:ノッティンガム・シティミッショントリップ

【ミッション1】
・市バス(2階建て)に乗れ。そのときの乗車料金はいくらか答えよ。
・交通事故にくれぐれも注意しながら、バスをバックに写真を撮れ。
(自分たちが乗ったバスでなくてもよい)

【ミッション2】
・本校のことを少しも知らない外国人(国籍問わず。ただし日本語をしゃべられない人に限る)2人にこのゲームの趣旨を英語で説明し、以下のミッションに従い別紙に書け。

①ノッティンガムの「有名なもの」は何かきけ。

②「日本」もしくは「日本人」に対してどんなイメージを持っているかきけ。

③「われわれ日本の高校生へのメッセージ」を書いてもらえ。(「サイン(名前)」や「国籍」も書いてもらえればなおよい)

※もし「いけそう!」と思ったら、その人と一緒に写真を撮れ。

●15時15分~15時30分の間に「26日にノッティンガムショッピングのあとに集合したところ」にグループ全員そろって顔を出す。
(帰りのバス停留所を教えます。全員がきっちり時間内に集合できたら、現地でその後、自由時間をとります)

●何かあれば 078-○×△◆-□■◎▽まで公衆TEL。集合時間に間に合いそうにないときも、必ず15時15分までにTEL。

<以上>

 各班ごとに時差出発。
 生徒たちには「小銭をいっぱい用意しておくこと」と指示したけど、あとで彼らにきいたら、「学生料金」はジャスト1ポンド(約160円)でわかりやすかったとか。
 自分たちだけでお金を払って目的地で降りる(=バスを乗りこなす)経験は異国での大きな自信になる。
 15時15分に街に行くと、「インタビューしたらめっちゃエエ人ばっかやった」と笑顔のメンバーたちが続々と集合地点に集まってきました。

(もう1回続きます。サトウ)

« 「高校生活指導」196号の販売普及大作戦 | トップページ | 夏の終わりに……「小さな実践報告会」のお知らせ »

点描」カテゴリの記事