おすすめ情報

本の紹介

« 【立ち読み】「高校生活指導」196号③ i -changer~さよなら過去の自分 | トップページ | 今井紀明さん講演会・9月7日(土) »

2013年9月 3日 (火)

土肥 信雄さんの「体罰否定論」

昨年の近ブロにお招きした土肥信雄さんから、以下の新著についてのメールをいただきました。
著書のタイトルは、ズバリ、『先生、殴らないで』。

昨年12月、大阪市立桜宮高校でバスケットボール部の二年生男子が顧問からの体罰(暴力)を苦に自殺した事件は、教育に携わるすべての者の胸を痛めました。その時、元巨人軍の桑田選手が体罰否定論を全面的に展開してくれて本当に良かったと思いました。特に「愛のムチ」論の全面否定、「指導者の暴力で選手生命を奪われてもいいのか」、「絶対に仕返しをされないという、上下関係の構図」、「暴力で脅すのは最も安易な方法」は私の意見とまったく同じでした。

私は教員になった時から体罰だけは行わないと心に決めていました。教員生活34年間、長い間生活指導部やサッカー部等の指導を行い、難しい場面もありましたが1回も体罰を行いませんでした。一般教員時代の1993年ころ、「体罰否定論」という短い論考を書いていました。当時在職した都立小川高校(町田市)で同僚が体罰を行い、なんとかやめてもらうために、なぜ体罰がいけないかを論理的に明らかにする必要があったからです。また校長であった三鷹高校時代には職員会議でこの「体罰否定論」を全教職員に配布して体罰の問題点を指摘して、体罰の無い学校にしようと思いました。

 今回、かもがわ出版より、元巨人軍の桑田選手等とともに私の体罰否定論も掲載されている「先生、殴らないで!」(http://www.kamogawa.co.jp/kensaku/syoseki/sa/0634.html)が8月に出版されました。この本が日本の体罰容認の風潮を変化させ、体罰は最も卑劣で安易な指導方法であることを教師が認識し、体罰のない教育現場になることを願っています。

「体罰否定論」は私のモットーである“基本的人権の尊重と平和主義”から必然的に導き出された考え方です。桑田選手他5名の皆さんの考え方と、私の「体罰否定論」をお読みいただければ幸いです。

« 【立ち読み】「高校生活指導」196号③ i -changer~さよなら過去の自分 | トップページ | 今井紀明さん講演会・9月7日(土) »

本の紹介」カテゴリの記事