おすすめ情報

本の紹介

« 【立ち読み】「早蕨」8月・全国大会報告号② 全体会司会をやってみて | トップページ | 【立ち読み】「早蕨」8月・全国大会報告号③ 今年の酒田基調はとにかく分かりやすい。 »

2013年9月12日 (木)

寝屋川“行商”してきました。

  8月26日(月)は「おまかせHR研究会」として、寝屋川市立の某中学校に行ってきました。メンバーは佐藤・中村・西村各氏と僕。

 今、大阪府下の中学校ではかなり世代交代が進んでいるとかで、一学年にベテランが1、2名であとは若い人ばかり、ということがよくあるそうです。僕らは教職員組合に呼ばれることも多いのですが、この日は学校全体の研修で、28名の先生方が参加してくれました。さて全員参加の研修となると出席者のモチベーションが気になるところですが、いやぁ恐るべし寝屋川一中、あいさつ代わりのゲームからノリノリでやってくれました。

 僕は「無言しりとり」という、ジェスチャーだけでしりとりを完成させていくゲームをしたのですが、皆さん汗だくで演じてくださって、その後の「教室がピカピカになる100連発」や、副担任として関わっているクラスである生徒とうまくいかない先生の事例を取り上げての分析・検討もすごく真剣に、かつ楽しみながら取り組んでいました。学生相手のワークショップもいろんなアイディアが出て面白いのですが、現場の先生方は実際に遭遇する場面があり、生徒がいるわけで、課題に対するリアリティの度合いが違うんだなと感じました。

 研修担当の先生が最後の挨拶のときに「寝させない研修をしたくて、今日は成功だったと思います。」と嬉しそうに言ってくださって、それは僕たちも有り難く思いました。(牧口)

« 【立ち読み】「早蕨」8月・全国大会報告号② 全体会司会をやってみて | トップページ | 【立ち読み】「早蕨」8月・全国大会報告号③ 今年の酒田基調はとにかく分かりやすい。 »

おまかせHR研究会 」カテゴリの記事