おすすめ情報

本の紹介

« 実践記録のような・・・新聞記事で~ファッションショーで「人権」③ | トップページ | 高生研全国フォーラムが、12月14日・15日に大阪で »

2013年11月22日 (金)

【立ち読み】「早蕨」10月号⑪ ぼんの、る・く・る!

~演劇の魅力について語る~ 最終回

  「石流れ木の葉沈むとも~ダイキン労働者物語~」をご覧いただいた皆さま、ありがとうございました。謹んで感謝申し上げます。
 
  本当に悩んで悩んで、苦労して苦労してつくった役で、おかげで3キロ痩せた。それでもなかなか役にはなりきれず、後でDVDを見ると、ベテランぞろいの豪華俳優陣の中で素人が混じっているという感が否めなかった。まあ、とにかく舞台が終わってホッとした。
 
  ところが、それもつかの間、またもやお呼びがかかる。きづがわがこの秋上演する作品は、現代の情勢を反映して、日本国憲法を題材にした、ジェームス三木の「真珠の首飾り」。日本国憲法の草案をつくったGHQ民生委員会、とくに、婦人の人権条項を盛り込んだ若きベアテ・シロタ・ゴードンを中心に描いた作品だ。
 
  東京の青年劇場が早くから上演しており、10年ほど前には大阪でも上演され、私も観に行った。皆さんの中にもご覧の方がいらっしゃるだろう。とにかく、またまた男がたくさん出てくる劇なのだ。で、声がかかってしまった。ダイエットの機会だ!とは思わなかったが、きづがわにはたいへんお世話になっているのでお引き受けした次第。

  下記のとおり上演いたしますので、また足をお運びいただけたらたいへん光栄です。

劇団きづがわ 創立50周年記念講演No.3 真珠の首飾り

作 :ジェームス三木  演出:林田時夫
日時:12月6日(金)18:30
   12月7日(土)11:00/16:00
場所:クレオ大阪西(西九条駅下車すぐ)
 
(西村ぼん。「早蕨」10月号。購読申し込みは、左記、「メール送信」へ)

« 実践記録のような・・・新聞記事で~ファッションショーで「人権」③ | トップページ | 高生研全国フォーラムが、12月14日・15日に大阪で »

早蕨(さわらび)」カテゴリの記事