おすすめ情報

本の紹介

« 若手からの感想いろいろです。② | トップページ | 若手からの感想いろいろです。③ »

2014年1月19日 (日)

出張シェフのひとりごと

  昨年末の「おまかせHR研究会」の例会で、井沼さんから「新年会にはマッキーのイタリアンが食べたいなぁ」というリクエストをいただきました。昨年は勤務先のサッカー部が全国大会に出て、その応援で東京に行っていたので新年会の参加は2年ぶりです。それじゃあということでいくつか用意することにしました。
 
  昨年のうちに豚バラ肉のブロックを買い、塩を擦り込んで寝かせておいたのを新年会の前々日に燻製にして持って行きました。それからピッツァの台として強力粉にイーストを入れてこね、ビニール袋に入れたもの、チーズとおろし器、塩コショウと各種ハーブをバッグに詰めて出発です。
 
  西村さんのお屋敷では会議の最中でしたが、そちらは失礼して準備に取り掛かりました。まずはお家にあるものをチェックしてから近くのスーパーに買出しをしに行きました。戻ってからホールトマトの缶をフライパンに開け、煮詰めていきました。それからピッツァの生地をまな板に載せて延ばしていきます。それにトマトソースを塗り、チーズを削り、燻製のバラ肉(ベーコン)を載せてオーブンで焼きました。
 
  次の料理は魚の香草焼きです。スーパーにカラスカレイがあったので、それとバター・ディル・マッシュルームをアルミに包んで、これもオーブンで焼いて出しました。
 
  3品目はアヒージョです。佐藤さんが「殻つきの牡蠣が手に入った」というので、それじゃこれがよかろうと思って作ることにしたんです。オリーブオイルをフライパンになみなみと入れ、たかのつめとニンニク・アンチョビーを入れて火にかけます。油が熱くなってきたところで、ナス・人参・じゃがいも・エビなどを入れます。それらを食べてしまってから、佐藤さんが牡蠣を入れてくれました。
 
  用意していたのはこれだけだったんですが、ベーコンがまだ余っていたのでパスタに絡めてお出しし、牡蠣は殻を開けてからパン粉・オリーブオイル・塩コショウ・パセリを混ぜたものを上に載せ、オーブンで焼いてみました。最後はリゾットを作りましたが、その頃はかなり酔っぱらっていたので、何を入れたかあまり覚えていません(笑)。ということで、新年早々出張シェフをしてきたお話でした。(マッキー)

« 若手からの感想いろいろです。② | トップページ | 若手からの感想いろいろです。③ »

点描」カテゴリの記事