おすすめ情報

本の紹介

« さあ、いよいよ15万アクセス! | トップページ | 【立ち読み】「早蕨」4月号⑧ 近ブロ理科分科会報告 「どうなると思う?」「その理由は?」と問うことへのこだわり »

2014年5月 7日 (水)

井沼さんの新ネタ

恒例の大阪大学教育実習事前指導。
ここ数年は、おまかせHR研究会が担当しています。
さて、休日の朝9:30から、いったい何をするのかも深く聞かされないまま、大教室にテンション低く集められた学生さんたち約150名相手に、いきなりゲーム数種。
笑いが出てきてリラックスしたところで、いきなりそのゲームが無作為のクラス分けになっている。
今年の担当・井沼さんは、「定番ゲームのマンネリ打破!」を旗印に、今年は「新ネタ」で勝負しました。
    <ねらい>「健康・明るい・元気」という学校イメージの相対化
    教師の役割の自覚化・身体化
 
    最高の笑顔、にらめっこ、喜怒哀楽ゲーム→感情表現トレーニング
    「学・役・芸」自己紹介~ルンバくん
    サカサマの世界←価値の反転
    サカサマ名前~「ベベの自分」自己紹介「医・易」
    教師5者論(旧)→サンタ論(新)
 メンバーからは、「時間がが5分オーバーした」「必ずしも意図が伝わらない面もあったので、意味付けしてほしい」などの厳しい意見もありましたが、次々繰り出される新ネタに「これは使える」の声も多数。
次回、5月18日(日)にも第2グループの事前指導。
さて、新たな「新ネタ」がまたまた炸裂する?

« さあ、いよいよ15万アクセス! | トップページ | 【立ち読み】「早蕨」4月号⑧ 近ブロ理科分科会報告 「どうなると思う?」「その理由は?」と問うことへのこだわり »

おまかせHR研究会 」カテゴリの記事