おすすめ情報

本の紹介

« 集団的自衛権学ぶ授業 | トップページ | 【立ち読み】「早蕨」6月号② 若手担任の3ヶ月奮闘記② »

2014年7月22日 (火)

【立ち読み】「早蕨」6月号① 若手担任の3ヶ月奮闘記①

(前略)
初担任を持ってこの2ヶ月は毎回新しく出現してくるHの欠席理由に、その都度振り回されてきた日々だった、という印象です。Hはまさに、私が今まだ出会ったことのない、全く初めてのタイプの人間です。

(中略)

成績や進路、部活や家庭の事情など、それぞれで抱えた悩みに対応したいと考えていながら、学校に来てはすぐ保健室に来たり、早退したいというHへの対応や、その母親との長時間の電話、家庭訪問、強化担当の先生やカウンセラーの先生に事情を説明すること…などに追われ(…ているのを言い訳に)、全く時間が取れない状態が続きました。今はそのHの状態をクラスのみんなにどう説明するべきなのか、理解されにくい事情なので、難しく感じています。

母は、必要以上に授業料を心配しているように感じます。でもこれは毎朝の息子との攻防戦に疲れ、逃げたい理由を授業料にあてているように思いました。今は、出張中の父が帰国し、家族で話し合った結論を待つのみです。私は、Hの分からない態度に対し、厳しく問い詰めたりしましたが、多くの先生方の助言を聞き、彼との接し方について何度も考え直し、試してきました。休学し、転学先(通信制や単位制)を見つける事が、彼の将来にとってプラスになるのだろうかと疑問です。私はどう関わっていけばいいのでしょうか。

(「早蕨」6月号。購読申し込みは、左記、「メール送信」へ)

« 集団的自衛権学ぶ授業 | トップページ | 【立ち読み】「早蕨」6月号② 若手担任の3ヶ月奮闘記② »

早蕨(さわらび)」カテゴリの記事