おすすめ情報

本の紹介

« 若手の軽~いつぶやき~待ってました、夏休み | トップページ | 【立ち読み】「早蕨」6月号③ 若手担任の3ヶ月奮闘記③ »

2014年7月25日 (金)

「ぴらいち」を考える③

「ぴらいち」で発掘した実践を、今度は時間を取って報告してもらいみなで分析することがあります。

遠足のときの実践を、故郷・岡山の先生たちに分析してもらったCさんの感想です。

<以下>

遠足後の不満と僻みがにじみ出た実践報告でしたが、故郷の皆さんの温かな分析が加わり、今自分に残っているのは、今回の反省が修学旅行に向けてチャンスに変えられるんだ、という強い確信です。

また、「非協力的」にみえる仲間も、明確に役割が示されれば力を貸してくれるはずで、これからは少し力点を置き換えて、どうやったら周囲が協力しやすいかを意識しながらやっていこうという視点も加わりました。

おまかせHRはいつも若手教員に活躍の場を与えてくださいますが、それもベテランの先生方からの厚い信頼があってこそなのだといつも感じています。私も、まずは同僚を信じることから再スタートしたいと思う次第です。

6月のぴらイチで原稿を書いていなければ、苦い思い出として密封していたと思います。この機会のおかげで性格の歪みにも歯止めがききました(笑)

貴重な経験をさせていただき、本当にありがとうございました!

« 若手の軽~いつぶやき~待ってました、夏休み | トップページ | 【立ち読み】「早蕨」6月号③ 若手担任の3ヶ月奮闘記③ »

例会・学習会」カテゴリの記事