おすすめ情報

本の紹介

« 全国大会後、私の「後泊」⑦ 最終回 | トップページ | 次回事務局会議は10月4日(土) »

2014年10月 2日 (木)

【立ち読み】「高校生活指導」198号④ 多様化する「学校のあり方」 ~自身の経験とNPOの現場から見えてきたこと~

 
 前回例会でも活躍してくれた、NPO法人D×P(ディーピー)の朴さんの寄稿です。
 
 
(前略)


  私は現在、大阪府をはじめとする関西圏において、通信制高校や定時制高校に通う高校生を支援するNPO法人D×P(ディーピー)という組織を運営している。文部科学省学校基本調査によると、通信制高校では卒業生の44.5%が進学も就職もしないまま卒業するという実態がある。所属先が決まらないまま社会に放り出された高校生たちはそのまま社会的弱者となってしまう。私は、この課題を解決するために、通信制高校や定時制高校でキャリア教育プログラムを提供している。私がこのNPO法人D×Pを立ち上げたのは、後述する自分自身の経験が大きく影響している。


  私が中退した高校は、いわゆる進学校と言われる私立の中高一貫校だった。私は小学校時代に熾烈な受験戦争をくぐり抜け中高一貫校に入学し、その後も休む間もなく毎日テストと予習を繰り返し、なんとか「学校」という枠組みからこぼれ落ちないように努力していた。


  転機は中学3年生の時にやってきた。進路学習の一環で色々な大学の資料を眺め、時には大学のキャンパスへの訪問を繰り返す中で、私の中で張り詰めていた糸がぷつんと切れてしまった。「大学に入って、時期が来れば就職活動をして、会社に入社するんだろう」と、自身の将来が予測できてしまうことに、絶望してしまったのだ。自分自身で進路選択をしているように思っていたにも関わらず、気付けば決められた自分の人生を歩んでいるだけのように思えた。その他にも家庭的な事情が重なり、今までのような生活を続けられなくなった私は、高校2年次に学校を中退することを決意した。


私立高校を中退したと同時に、私はアメリカの高校に留学した。お世辞にも決して裕福な家庭ではなかったが、「交換留学」という制度を使い、アメリカの公立高校に留学生として入学した。


 アメリカの高校での学校教育は、今までの私の考えを大きく変えるものだった。
 
  (後略。朴 基浩。「高校生活指導」198号。発売中)

« 全国大会後、私の「後泊」⑦ 最終回 | トップページ | 次回事務局会議は10月4日(土) »

高校生活指導」カテゴリの記事