おすすめ情報

本の紹介

« 次の大会実行委員会&学習会は11月24日(月・祝) | トップページ | 【立ち読み】「早蕨」10月号③ 特集1 「文化祭」 「よっしゃ。めんどいことやろ!」(下) »

2014年11月14日 (金)

2014年高生研全国フォーラムのご案内(下)

◆日時:12月13日(土)
◇会場:大阪市立青少年センター KOKOPLAZA 講義室405/406 定員48名
『実践分析』18:00~20:30
★ミニ実践分析:「若手教師の実践の戸惑いを聞き取る」
    『 若手担任の3か月奮闘記 』 大阪私学教員 Fさん


 
明るい展望が見えにくい閉塞的な社会状況の広がりの中で、あるべき自分を求めてもがく生徒や教師たちがいます。大阪の教育改革はそのもがきに応えるものではなく、まさに“教育改革病”の状況をみせています。その病とたたかうフィールド、もがく生徒や教師があるべき自分を探し求めるフィールドは私たちの日常の教育実践でしょう。


今回、全国フォーラムでは「若手教師の実践の戸惑いを聞き取る」と題して、教師2年目初担任の先生Fさんの実践報告「若手担任の3か月奮闘記」(大阪高生研機関誌早蕨6月号所収)をとりあげます。


「生きがいはゲーム?」と思えるようなHは、Fさんが今まで出会ったことのないタイプの生徒。でも彼だけではなく、いろんな背景をもつ生徒たちがいるクラス。その中で、どのように生徒たちに接したらいいのか、試行錯誤を繰り返すFさん。その戸惑いを丁寧に聞き取りながら、生徒たちの思いに応えて改革病に負けない実践の道筋を参加者で考えたいと思います。

« 次の大会実行委員会&学習会は11月24日(月・祝) | トップページ | 【立ち読み】「早蕨」10月号③ 特集1 「文化祭」 「よっしゃ。めんどいことやろ!」(下) »

全国大会」カテゴリの記事