おすすめ情報

本の紹介

« 来週9日。今度は『授業工房』第4回 | トップページ | 2014年高生研全国フォーラムのご案内(上) »

2014年11月 8日 (土)

【立ち読み】「早蕨」10月号①  特集1 「文化祭」 「Stand by me ドラえもん」

(前略) 事件はここで起きた。Kさんが大道具などの裏方の役割分担決めをしているときに無関心の生徒が多く、彼女は泣きながら教室を飛び出した。それを受けて委員長が前に出て……。話は「ドラえもん辞める」という意見になったのだ。文化祭まで残り8日前の出来事である。


「みんなで協力できないんやったら劇を辞めて、もっとみんなで出来るものにしようという意見になりました」と終礼で委員長が私に報告してきた。これまで「ドラえもん」をするに当たり、岸田さんはじめ、苦労してきた人の気持ちを考えず、いとも簡単に「辞める」という結果になり、しかも代替案も決まっていない状況に私はぶち切れた。業者との打ち合わせを控えていたが、シナリオを破り捨て「もうウチのクラスは劇も食品バザーも辞退するって言ってくる」と言い捨て、教室を後にした。(後略)


(城塚俊彦。「早蕨」10月号。購読申し込みは、左記、「メール送信」へ)

« 来週9日。今度は『授業工房』第4回 | トップページ | 2014年高生研全国フォーラムのご案内(上) »

早蕨(さわらび)」カテゴリの記事