おすすめ情報

本の紹介

« 【開催中】2014年高生研全国フォーラムin大阪 | トップページ | 21日は事務局会議やります。 »

2014年12月17日 (水)

生徒の授業評価を先生の評価(賃金リンク)に直結させる

みなさん、こんばんは。長野です。
大阪府教委は、生徒の授業評価を先生の評価(賃金リンク)に直結させる案を提示してきました。

生徒による「授業アンケート」の点数→教員の「授業力」評価→「能力」「業績」評価→総合評価 と事実上直接結び付くことになります。“教育改革”の最前線をいく大阪ですが、、これがどんな影響をもたらすのでしょうか・・・。私自身の受け止めとしては、とうとうここまで来たかという思いです。塾の先生や予備校の先生はこういうことはよくあるようですが・・・。

私学でもそうかもしれません。聞くところによると、大阪の教員は絶対評価(行政職は相対評価)で、BやCランクが少ないのでもっと相対評価に近いものにすべきという府議会の圧力もあるようです。

もとより、より良い授業をつくることは大切な課題です。でも、こんなやりかたはどうなんだろうと思います・・・。みなさんはどのようにお考えになるでしょうか。

« 【開催中】2014年高生研全国フォーラムin大阪 | トップページ | 21日は事務局会議やります。 »

意見」カテゴリの記事