おすすめ情報

本の紹介

« 2月・大阪大会へ向けた学習会第2弾も準備着々 | トップページ | 「多文化を尊重する」って? 武田さんのワークショップがあります。 »

2015年1月14日 (水)

【立ち読み】「早蕨」12月号④ 「大阪で全国大会開かれます」

8月8日(土)~10日(月)に大阪商業大学にて高生研の全国大会が行われます。前回大阪で行われたのが、2009年なのではや5年前。その時はプレ企画も含めると400人を超える方々が参加されました。


 今回の全国大会を行うにあたって、大阪の高生研で話をしたのが、「いつまでも年を取った人が中心になって運営してもあかん、若い人が中心になって企画・運営するんやったら大阪で大会をしたらいい」ということ


 それを受けて、今実行委員会の中心は通称若手七本槍!と呼ばれるメンバーで企画をしています。


 しかし、若いだけあってなかなか前に進まない…でもコツコツ話し合いを大切にしながら、前進しております。話し合いの中で出た今回の大会のコンセプトはなんと「串カツのような学びと交流」です。全国大会ですので、いかにも「大阪らしい」ものを考えましたが、中身は肉だけでなく、野菜や魚介類があるように、種類が豊富なのが串カツの特徴です。ガッツリ肉食に励むもよし、変わり種で攻めるもよし、コテコテだけれども、ついついたくさん食べてしまう串カツ。そんな大会を目指して、濃い学び、サッパリした学びといった串カツ片手に、全国とみなさまと交流ができるような大会にしていきたいと思います。


 
 今回の大会運営にあたって大切にしたいと思っていることが、様々な人特にこれまで高生研に関わりがなかった若い人たちに開かれた大会企画にしたいなということです。近年ますます先生は忙しくなり、学ぶ余裕すらなくなり、生徒にもゆったりと接してあげることができなくなっています。しかし悩み・迷いを抱えている人は多いはず。高生研ってそういう悩みを打ち明けられる場になっているでしょうか…実行委員会でも出た話ですが、「高生研って、何か難しい言葉や討議の方式が決まっていたりとか…なんかハードルが高い気がする」ということです。そういった人たちと共に学ぶことができるように大会の企画もそうですが、大会までの学習会も企画していきたいと考えています。ぜひ皆様ご参加ください。周りの人に声をかけていただいてみんなで学んでいきましょう。


(小原 淳一。「早蕨」12月号。購読申し込みは、左記、「メール送信」へ)

« 2月・大阪大会へ向けた学習会第2弾も準備着々 | トップページ | 「多文化を尊重する」って? 武田さんのワークショップがあります。 »

早蕨(さわらび)」カテゴリの記事