おすすめ情報

本の紹介

« 福井に行ってきました① HR分科会&アフター小旅行報告です。 | トップページ | 3月22日(日)「あったかい会議」のつくり方を習います。  »

2015年3月12日 (木)

イスラム国の登場、じっくり時間をとって議論します

2月17日の授業工房、時間切れでどんな教育が必要かまではしっかり議論できませんでした。

今回は、最新中東レポートを聴いた上に、学問的にも理解を深め、更に、どんな教育や学びが必要なのかじっくり時間をとって議論します。どうぞお越し下さい。

<以下>

京都教育大学 グローバル人材育成プログラム事業  
京都教育大学附属高等学校主催緊急講演&シンポジウム

「イスラム国の登場、混迷する世界情勢・・・今、私たちは何を学び、何を考え、どう行動すべきか!?」


(趣旨)
日本人2人が中東において相次いで殺されるなど、今までにない国際情勢の中に日本は置かれています。この緊迫化した世界の中で、私たちは何を学び、何を考え、どう行動していけばよいのでしょうか。このたび、現地で取材するジャーナリストの方、国際政治の研究者の方をお招きし、今中東地域は実際にどんな様子なのか、イスラム国とは何なのか、その地域に暮らす人びとの現状、思いなどをご報告いただき、シンポジウムでは本学の平和教育学の研究者を交えて、会場にお越しの皆さんと一緒に、どうやって平和を構築していくのか考えていきたいと思います。

講演(五十音順)

玉本英子 氏(アジアプレス記者)
東京都出身。アジアプレス 大阪オフィス所属。デザイン事務所を退職後、ビデオ取材を始める。トルコ南東部、コソボ、アフガニスタン、イラク、シリアなど、写真、ビデオを中心に取材、発表。テレビのニュースリポートや新聞、雑誌、ラジオ、講演会を通して伝えている。共著に『アジアのビデオジャーナリストたち』(はる書房)「21世紀の紛争・中東編」(岩崎書店)「現代イラクを知るための60章」(明石書店)など。アフガニスタンの女性を題材にしたドキュメンタリー映画「ザルミーナ・公開処刑されたアフガニスタン女性」を監督(2004)。


広瀬 訓 氏(長崎大学核兵器廃絶研究センター副センター長・教授)
福島県出身。国際基督教大学大学院博士後期課程単位取得後、国連開発計画(UNDP)、外務省、宮崎公立大学等で勤務。2012年より長崎大学核兵器廃絶研究センター教授。専門は国際機構論、国際法、軍縮論。日本国連学会理事。主な著書に『軍縮問題入門』(東信堂)、『平和政策』(有斐閣)、『国際法入門』(有斐閣)、『新国際機構論』(国際書院)、『国連による平和と安全の維持Ⅰ・Ⅱ』(国際書院)等(いずれも共著)」


シンポジウム(五十音順)

玉本英子氏・広瀬 訓氏・村上 登司文氏(京都教育大学教授)
広島県尾道市出身。専門は平和教育学。英国のブラッドフォード大学院で平和学を研究。平和教育授業研究会を主宰。著書に『戦後日本の平和教育の社会学的研究』(学術出版会)。
 
日時 3月18日(水)午後 13時30分~15時45分
場所 京都教育大学附属高等学校 多目的ホール
お問い合わせ 京都教育大学附属高校国語科 札埜(ふだの)まで  fudafuda@kyokyo-u.ac.jp

« 福井に行ってきました① HR分科会&アフター小旅行報告です。 | トップページ | 3月22日(日)「あったかい会議」のつくり方を習います。  »

なかま」カテゴリの記事