おすすめ情報

本の紹介

カテゴリー「2015全国大会in大阪」の投稿

2015年5月24日 (日)

ブログ移行のお知らせ

大阪高生研の情報はこちらのFacebookをご覧ください。なお、Facebookを使っておられない方でもご覧いただけます。

https://www.facebook.com/osakakouseiken/?fref=ts



2015年3月 8日 (日)

総務班会議しました

先日、若手5名で総務班会議を開きました。全国大会の問題別分科会の内容の検討や、2月のふり返り、3月の学習会の内容検討をしました。14日の事務局会議で報告をします。
また、22日は全国大会の実行委員会を開きます。場所は大阪市立市民交流センターにしなりで、時間は9:30からです。大会を一緒に創っていきたい方、お気軽にご参加ください。

2015年2月22日 (日)

【本日】午前中は全国大会実行委員会です。

和歌山の谷口(平田)です。実行委員会は、下記の要領で行います。どうぞよろしくお願いいたします。

 ・日時:2月22日 10時~11:30
 ・場所:東淀川区民会館(大阪市東淀川区東淡路1-4-53)
 ・議題
  企画・大阪実践の精査 60分
  勧誘方法 15分
  今後のスケジュール確認・3月学習会について15分
 
 その後、13:30〜17:00は同所で学習会です。

2015年2月21日 (土)

若手企画学習会、いよいよ明日(22日)です。

いよいよ明日。


京生研の藤木祥史さんをお招きし、「藤木先生のお話をきいて教師になろうと思った」、平成生まれ教師・井坂さんの実践もきく若手企画、学習会「〈大ベテラン“先生”の背中を追って〉~平成生まれの教師、奮戦記~」が行われます。


現在、19名が参加申し込み。


さすが「若手企画」だけあって、初めての参加の方やこの4月から教師になる学生さんなど、フレッシュな顔ぶれです。


一方で、翌日の高校入試業務による出勤等で、学習会常連の「いつものおっちゃんおばちゃんたち」がなかなか参加しにくい状況。
ぼく(サトウ)も、なんとか時間をみつくろって、一部だけでも参加できるよう画策してますが、藤木実践と井坂実践を「つなぐ」本企画、多くのベテラン層の参加が期待されています。


さあ、20名の大台突破なるか?
いやいや、この内容なら、めざせ、30名学習会!


若手が同年代をがんばって集めているだけに、どうぞベテラン層もいっぱい顔見せてやってください。



大ベテラン“先生”の背中を追って
                〜平成生まれ教師、奮闘記〜

 
日時:2015年2月22日(日)13:30〜17:00 (13:10から受付)
場所:東淀川区民会館(大阪市東淀川区東淡路1-4-53)
                                       アクセス:阪急京都線:淡路駅から南南東方向へ



 
 全国高校生活指導研究協議会(高生研)2015年全国大会は、大阪で開催します。全国大会に向けて、20・30代の若手7名を中心に学習会を企画しました。
 今回の学習会は、京都の中学校で38年間の教師生活を生徒と共に歩み続けた大ベテラン、藤木祥史先生と共に学びます。反抗的・暴力的な生徒Kの行動の背景をいかに見抜き、いかにKの成長を支えたのか。全国でも有名な実践記録を語っていただきます。
 この学習会は「ベテランの話を聞いて、『へー、すごいな』で終わり」ません。大学4回生で藤木先生に出会い、藤木先生に憧れて意気揚々と学校現場に飛び込んだ平成生まれの私。そんな私が様々な壁にぶつかり、それでも歯を食いしばって仲間や子どもたちと共に一歩ずつ進んできた3年間も語ります。辛いこともたくさんあるけれど、それ以上に実り多い「教師という仕事」について、私たちと一緒に考えませんか?若手・ベテラン・学生などなど、多様なメンバーで語り合いましょう。
※資料準備の関係上、事前申し込みをお願いします。
naonin360u@gmail.com (大阪高生研)まで。
※学習会終了後(17:30〜)に自由参加の懇親会があります。現場の「ちょっといい話」が聞けるかも。
        Facebook2015年高生研大阪大会で、大会および学習会の進捗状況をお伝えしております。

2015年2月13日 (金)

2月学習会は2月22日・ベテランと若手の共演

  大ベテラン“先生”の背中を追って
          〜平成生まれ教師、奮闘記〜


日時:2015年2月22日(日)13:30〜17:00 (13:10から受付)
場所:東淀川区民会館(大阪市東淀川区東淡路1-4-53)
                              アクセス:阪急京都線:淡路駅から南南東方向へ

 
 全国高校生活指導研究協議会(高生研)2015年全国大会は、大阪で開催します。全国大会に向けて、20・30代の若手7名を中心に学習会を企画しました。
 今回の学習会は、京都の中学校で38年間の教師生活を生徒と共に歩み続けた大ベテラン、藤木祥史先生と共に学びます。反抗的・暴力的な生徒Kの行動の背景をいかに見抜き、いかにKの成長を支えたのか。全国でも有名な実践記録を語っていただきます。

 この学習会は「ベテランの話を聞いて、『へー、すごいな』で終わり」ません。大学4回生で藤木先生に出会い、藤木先生に憧れて意気揚々と学校現場に飛び込んだ平成生まれの私。そんな私が様々な壁にぶつかり、それでも歯を食いしばって仲間や子どもたちと共に一歩ずつ進んできた3年間も語ります。辛いこともたくさんあるけれど、それ以上に実り多い「教師という仕事」について、私たちと一緒に考えませんか?若手・ベテラン・学生などなど、多様なメンバーで語り合いましょう。

※資料準備の関係上、事前申し込みをお願いします。
naonin360u@gmail.com (大阪高生研)まで。


※学習会終了後(17:30〜)に自由参加の懇親会があります。現場の「ちょっといい話」が聞けるかも。
    Facebook2015年高生研大阪大会で、大会および学習会の進捗状況をお伝えしております。

2015年2月 7日 (土)

大阪大会の応援ブログをスタート

大会グループ、三重の安藤さんから、今年も「大会応援ブログができたよ!」と連絡が。

さあ、春です。

<以下>

2015大阪大会の応援ブログをスタートさせました。
いつものように

http://kouseiken.jp/Taikai/

です。

最初を三木さんが幕開けを飾ってくれています。

今年のブログは、フェースブック、ツイッターなどにも、自動でブログ内容が表示される仕組みを取り入れました。

それから大会申込フォームも直ぐ使えるように整えてあります。

是非、一度ご覧頂き、大会申込はもちろん、ご意見、ご要望などありましたらご連絡ください。
また、月1回ペース投稿者を募集します。
(依頼させていただく方もあります。)

お申し出ください。

それでは、
「高生研2015大阪大会応援ブログー串カツのような学びを皆の手でー」
どうぞごひいきに。

<以上>

「投稿者になっていいよ」の方は、左記「メール送信」まで。

2015年2月 5日 (木)

第4回実行委員会の報告 Part2

第4回の実行委員会では、前回、前々回大阪大会を開催するにあたり、どのような方法で参加者を募ったのかをふりかえりました。

ベテランと若手が混じって班を作ってふりかえったところ、出るわ出るわ、たくさん出てきました。いろんな方法を駆使していたのだと、今更ながら知りました。

もちろん、全部が全部真似はできませんが、いいものは取り入れ、進化させられることは進化させ、「317人」を目指していきます。

2015年1月31日 (土)

大阪大会の実行委員会を開催しました

こんばんは、大阪高生研の三木です。先日、25日に若手企画として都先生から学ぶ会を開催しました。また、同じ日に大阪大会の実行委員会も開催しました。参加者は14名と、これまでの実行委員会の中でも最も多く、2015年の良いスタートが切れました。


 今回の実行委員会議は、「マジで317人集めるで!!」を合い言葉に、これまでの大阪大会ではどのような方法で人を集めてきたかをふりかえり、今年の大会に向けてできることを考えました。具体的には、大阪から一般分科会や問題別分科会を出すといった王道が大事であるということを確認しました。確かに、遠足や交流会もおもしろいが、やっぱり大阪の実践から学んでもらいたい。そのために、8月まで本腰を入れて学習会を考えていこうということになりました。それ以外にも、たくさんの意見が出され、若手たちでこれから検討していきます。ゆっくりではありますが、大会に向けて大阪は走りだしています。

 また、嬉しいことに若手七本槍も一人増えて、若手八犬伝になりました。さぁ、大
会までに若手四十七士が結成されるか、こちらも楽しみにしてください。

2015年1月27日 (火)

全国大会に向けた学習会第一弾、都先生から学ぶ会が開催されました!!

初めてのお顔も多く、参加者は31名。懇親会もなんと20名の参加!!
とても1時間では語り切れない38年間の教師生活を都先生に語っていただき、当初からもっておられた教育観、生徒たちとかかわる過程で生徒たちから学んでこられたこと等々、たくさん学ばせていただきました。
都先生の指導へのツッコミがシビアにだされるあたりが、退職おめでとうの会に終わらない高生研らしさなのかな。若手がふだん感じていることを話せることを第一に考えたつもりなので、おっちゃんらには不満が残ったかもしれませんが。
一緒に運営をしてくださったI先生、H先生、ありがとうございました。議論の内容や「ふりかえり」で書かれたこと等、また発信・共有したいと思います。
次は2月22日の学習会へぜひお越しを!!(谷口)

2015年1月23日 (金)

再度のご案内です。1月25日。

夏の全国大会に向けた学習会第一弾、1月25日の都先生から学ぼうの会の再度ご案内です。ぜひご参加ください。お近くの方々にも広めていただければ幸いです。
よろしくお願いいたします。



しんどい学校でも進学校でも・・・「脳天気力」で乗り切ってきました。  ~教師生活38年! 都先生から学ぼう~


日時:2015年1月25日(日)14:00~17:00
場所:大阪市立市民交流センターすみよし「北」
(南海高野線住吉東駅、阪堺上町線神ノ木駅より徒歩)


  高生研2015年全国大会は、今夏、大阪で開催します。全国大会に向けて、20・30代の若手7名を中心に実行委員会を立ち上げ、学習会を企画して若手の「学びたい」気持ちをほりおこしています。その学習会の第一弾を1月25日に開催します!!
 今回の学習会では、この春に大阪府立高校を定年退職される加藤都先生と実践を語ります。
 都先生は「困難校」といわれる学校でも「進学校」といわれる学校でも、持ち前の「脳天気(ノーテンキ)力」と評されるマイペースを貫く実践をされてきました。当日は、①私が出会えた生徒たち ②生徒会って楽しい! ③ピンチ!は「ノーテンキ力」で乗りこえるという三つの柱で実践を語っていただき、若い世代との対話をしていきます。「教師」という仕事のよさも聞き取り、交流していきます。
 授業が成立しないとき、生徒に思いやことばが伝わらないとき、行き詰まったとき・・・都先生がずっと大切にされていることは何か。ぜひ一緒に学びましょう!



 資料準備の関係上、事前申し込みをお願いします。thirata@center.wakayama-u.ac.jp(和歌山大学 谷口知美)まで。


◎先だって、大阪高生研「プチ総会」は、9:50から。大会実行委員会議は12:30から。
こちらも、ぜひお越し!