おすすめ情報

本の紹介

カテゴリー「近畿北陸ブロックゼミ」の投稿

2015年3月18日 (水)

近ブロ・福井に行ってきました②

初めて訪れた福井。1日目夜、ホテルにチェックインしたにも関わらず、チェックインしていないことになっていて行方不明扱いされたり、「代わりに男性がチェックインしてるみたいやで。あいつ、男に間違われたんやないか!?」と言われたり、初めてのことがたくさんあった。


そんな甘酸っぱい福井から10日以上経ったので、だんだん記憶があやふやになってきている。記憶が曖昧のため、近ブロ自体の流れの詳細や具体的感想を書くと実際とズレが生じる可能性が無きにしも非ずなので、大きなトピックであった「学力問題」について日々考えていることを「近ブロの感想」として書こうと思う。

 

学力問題について討議したものの、思い返してみると「学力‘問題’」とは何が問題なのだろう?と改めて感じる。生徒間の学力差の問題なのか、低学力が問題なのか。もしくは、「世間でいう学力」と「我々が必要だと思う学力」に相違があることが問題なのか。それとも全てが包含されているものなのか。

意図されている問題が何であれ、普段私(私@定時制高校勤務)が一番目の当たりにしているのは、やはり低学力の問題である。グループ討議した「世間でいう学力」も「必要だと思う学力」も備えていない、備えにくい子供たちに日々出会う。そういった子供の課題を解決しようとするたびに、私なりの「学力」の根底の定義にぶち当たる。「学力」は既に身に付けている知識でもなく、社会性やコミュニケーション能力でもない。「学ぶことの出来る力」である、と。それは本人の能力的側面のみならず、環境面等も大きく影響している。だから私の「学力のある子」というのは、勉強が出来る子ではなく、学びのインフラを与えれば、ある程度まで身に付けられる子供のことなのである。「学ぶことの出来ない」子供を、「学ぶことが出来る」よう工夫し、支援するのが自分の仕事であると感じるし、その支援方法を模索するのが目下の課題である。ただ、それには学校のカリキュラムや台所事情等が絡んでき、全てを万全の体制で取り組めることが出来ないというのが現状である。辛い。

 

みなさん、一度本校に遊びに来てください。きっと、学校や教育に対する価値観が変わります。(R)

2015年3月11日 (水)

福井に行ってきました① HR分科会&アフター小旅行報告です。

海外修学旅行実現までの経緯を報告させていただきました。


運営にあたってくださったOさん・N代表含む、若手からベテランまで8名の先生方にご参加いただき、アットホームな雰囲気のなか、絶えず質疑が飛んでくるというまさしく「ツッコミどころ満載」の発表となりました。


書き込みの甘さゆえ(卒業式前さなかの執筆だったと言い訳させてください)、口頭での補足が多々必要でしたが、多数いた修学旅行不参加の生徒との関わりや、意識化されていなかった彼らへの思いに気づかされました。 参加くださった方々がこの実践分析を通して何を得られたかは計りかねますが、自分の3年間の担任経験と、実践分析がもつ意味などについて思いをはせる機会となったのは間違いありません。


アフターは、まずは福井駅前「歴史のみち」にある「あみだそば」にてコシのある蕎麦におろしを絡めながらいただく越前おろしそばに舌鼓を打ったあと、福井の「ニシムラコーヒー」駅前店で珈琲と4種のジェラート(2つ盛りで290円!)をお供に実行委員会・学習班の会議。

その後、偶然見つけて入った「ブータンミュージアム」はブータン王国外初の博物館で、地元企業の社長が社会貢献を目的に一念発起して作ったNPOが運営しているとのこと。今月ブータン旅行を予定する私にとって、またも幸運が訪れました。両者に共通の“幸福の国”というところで、前日のシンポジウムの復習も兼ねることができました。
続いての「養浩館庭園」は、そのしびれるような閑かさに「ここなら最高の実践記録が書ける!」などという馬鹿げたことを本気で思いました。とても美しかったです。最後は駅前の「大衆割烹 善甚」にて日本海の旨い魚を堪能。


夏の全国大会へ大阪府内外からのお越しの皆さんにも、きっとどこかでこんな幸運が待ってるはず。迷ったら、来るしかありませんね!

2015年3月 6日 (金)

今年の「近畿ブロックゼミナール」は、福井で「学力」を考える!④ ~HR・学年づくり分科会のご案内です。

報告の初稿を読むと「序章ばかりが長い紀行文」!?この行事への思いは伝わってくるが、肝心の実践場面が見えない。
よくよく訊き込んでいくと、定時制の「ゆるさ」を上手く使って外国行を実現させていく経過がわかる。


この実践者は折々にその「ゆるさ」にイライラしているのだが、周りのゆるい先生もうまく巻き込みながら、ゆるい先生に支えられながら、事前の学習をすすめていくのがわかる。(このあたりは若者教師の「職員室づくり」実践の趣が…)


この学校では修学旅行の参加は生徒本人の意思次第。(ゆえ参加は10余名)

参加が当たり前、大前提の世界にいる者には???のところだが、あらためて「修学旅行とは」を議論できればいいかな、とも思う。(中村)

2015年3月 4日 (水)

今年の「近畿ブロックゼミナール」は、福井で「学力」を考える!③

滋賀高生研の藤本です。滋賀のメンバーの協力も得ながら、2日目の小玉重夫さんの講座を担当します。滋賀では、この間、今講座の核となる小玉さんの『学力幻想』(ちくま新書)の学習を2回にわたり行いながら、2日目の講座の進め方を考えてきました。かなり大雑把ですが『学力幻想』の私なりの要点整理を以下に紹介します。【 】は藤本の考えです。


(1)大要

  戦後、「学力」は、社会的地位の配分をおこない、その結果を社会が正統なものとして受け入れるという政治的機能を担ってきた。そして、学力の持つ「選抜」の機能と「教育」の機能は ごっちゃにされてきた。また、子どもの発達をめざすという子ども中心主義の考え方によって、子どもに学力をつけることがそれ自体で善であるとされ、子どもの発達のために政治は介入しては ならず、政治から自由に教育はなされるべきであると考えられてきた。その結果、政治と教育の関係をとらえそこねてきた。
  以上のように「学力」をつければ人は幸せになれ、それは政治とは無関係に営まれるべきだという二重の学力幻想にとらわれてきた。
  しかし、「格差社会」が広がる中、そのような「学力幻想」はくずれつつある。いま「政治」と「教育」の関係をリアルに問い、市民の視点から「学力問題」をとらえなおす必要があり、「市民化された学力(市民として生きるための学力)」というものを考えなければならない。



(2)「市民化された学力(市民として生きるための学力)」とは何か

  「市民化された学力(市民として生きるための学力)」とは、社会や政治と「実質的」につながった学力である。それは、異質で多様なものが人間として尊重され、共存する「公共的世界」を相続させていくための学力でもある。


(3)市民として生きるための学力は、関係性を含んだ概念である

  ①市民として生きるための学力には、教師と生徒との関係性、生徒同士の関係性、その学校の文化をも含む。
  ②市民として生きるための学力は、学習者自身の埋め込まれている社会的政治的文脈の変容をめざすものである。
  ③市民としての学力は、個人の能力に帰責されない。つまり、個人に内在した能力だけを含むものではない。【学力とは個人に内在したものであるというふうに私たちは思ってきたのではないでしょうか?】


(4)「市民として生きるための学力」は、達成目標や達成基準をともなっており、可視化、数値化が可能なものである。
  ①可視化と数値化の基準は、国家が一律に決めるのではなく教師と市民が決める必要がある。
  ②学校評価や授業アンケートの可能性(この項は私の考え)
   各職場では「学校評価」や「授業アンケート」が行われていると思いますが、たとえば授業アンケートで「視野の広がる授業になっていますか」とか「現実の社会や政治とつながりを深く考えることはできましたか」というように、「市民化された学力」が達成しているかどうかという評価項目を入れることはできそうです。
   また「学校評価」の項目を「市民化された学力」の達成を問うものにすることができるのではないでしょうか。しかし現場では、学校評価の項目をどういうものにするかについて無関心ではないでしょうか。私の学校では保護者向けの学校評価アンケートに「教師は親身になって対応しているか」という項目が入っています。これなどは教師の生徒の関係性を問う項目ではないかと思うのですがどうでしょうか。


 
(5)可視化、数値化して、外部に説明すること(アカウンタビリティー)の重要性

  ①「市民として生きるための学力」の達成を説明すること、自分たちの学校はこのような教育を達成しているという説明を、地域、親、教育委員会にすることが重要
  ②このような説明責任(アカウンタビリティー)は、公教育としての責任を果たすことであり、「旧来型の福祉国家(における教育)」と「新自由主義(教育)」を超える「第3の道」でもある。
  【この説明責任は、「学力競争」に巻き込まれないために、非常に重要ではないかと思います(高校の教師は、進学校も困難校もどっぷりと「学力競争」に巻き込まれている)。学びの共同体を進めている彦根西高校は公開授業という形で生徒がいきいきと学ぶ姿を「可視化」することで、説明責任を果たしていると言えるような気がします。】


(6)何が「市民として生きるための学力」かを絶えず問い直す必要があり、そういう「場」を作る必要がある
  問い直す場=市民的批評空間(公共的空間)の形成 専門家と生徒(市民)をつなぐコーディネーターとしての教師の役割 【P168の図が重要だと思います】
  【「三者協議会」「生徒総会」「授業の中の討論の時間」などがその場として考えられるのではないでしょうか】

2015年3月 3日 (火)

今年の「近畿ブロックゼミナール」は、福井で「学力」を考える!② 

井沼です。
近畿北陸ブロックゼミシンポジウム「高校における学力問題を考える」のコーディネーターをやります。


「福井は秋田と並んで、学力テストでトップクラス」くらいは知っているけれど、なぜ?どうして?って、みんなあまり知らないのではないかな、と思います。


秋田が脚光浴びる割には、福井はやはり地味なのか?  でも実は、福井は、小中の全国体力テストでもトップクラスです。(秋田は違う) って、僕も知らなかったし、近県でありながら関心も持ってきませんでした。


これではいかん!勉強しようと本を探したら、ありました。


志水宏吉+前馬優策編著 福井県の学力・体力がトップクラスの秘密 中公新書ラクレ


なんと、小野田先生の同僚の志水先生が書いているではありませんか!? そこには、「ええ!?これて、どうなん??」と考え込んでしまうようなリアルな実態が…。


いえ、決して、全否定するわけではありません。むしろ全否定しにくいけれど、ナンだろう。


学力って、改めてなんだろうといろいろ考えさせられる一冊でした。
シンポジウムを通じて、正確なことばにしていけたらと思っています。


さあ、みなさんも福井へ!



▼シンポジウム 3月7日(土)13::~14:45
▼福井大学

2015年2月27日 (金)

さあ、お次は「近ブロ」。今年は福井で「学力」を考える!

3月7日(土) 福井大学
3月8日(日) 福井県教育センター

昨年は大阪大学に「授業まつり」として多くの人を集めた「近ブロ」。
正式名称を「近畿北陸ブロックゼミナール」ということをご存じですか。

今年の近ブロは、久しぶりの、北陸・福井での開催。

「学力上位県」と言われる福井の教育とはいったいどんなもので、何が課題とされているのだろう。
「学力向上」に躍起となる大阪の教育課題、現状や「学びの共同体」による授業改善を軸に校づくりを行っている滋賀の事例報告もまじえ、考えます。

「Hさん応援に、一緒に福井に行こう!」

初めての修学旅行で、定時制の「こぢんまり」を逆手にとって、行きたかった「海外修学旅行」を実現させたHさんの実践分析が分科会の1つ。
参加生徒の満足感大大大!旅行だったけど、いっぽうで不参加の生徒の存在も。


同様、福井の新任数学担当の授業実践報告と、「キャリア教育って何だろう?」を考える模擬授業含む分科会は3本だて。
かなりの充実です。

夜はもちろん魚と銘酒。

大阪の熱い(!)要望に福井の先生が「ホントは教えたくない」お店を手配。
旬の魚と、福井の地酒のほとんどをそろえる名店とか。
7日の勤務を終えて、夕食交流会に間に合うように来る人も。
大阪駅17:12のサンダーバードに乗れば、交流会少し遅れで合流できます。

なお、夜のホテルは、「5000円」「3800円」の2種類の安宿手配。
こちらは部屋数に限りあり。お早めに。

2日目は東京大学・小玉重夫さんの講演。
「「学力幻想」から目覚めるために」という刺激的なサブタイトルがついている。
さてさて、21世紀の展望拓く議論となるか。

今のところ、大阪関係で「行くよ」という方はすでに17名。
「検討中」も多数。
「車を出すよ」という声、「いやいや、青春18キップで行けば、片道2000円ちょっと。新快速が敦賀までいってるから早いよ」「いっそのこと、前泊しよう」など、タダでは済まさないメンメンが好き勝手に思いを馳せてます。

近ブロ後の8日午後は、「温泉&B級グルメ」のオプショナルはつきものです。

「ぜひ、詳細決まったら教えてください。なかなかの内容ですね」
 わざわざ沖縄からの参加申し込みも。

ぜひ、福井へ。ご一緒しましょう。
(問い合わせ、申し込みは、左記「メール送信」へ)

2014年3月12日 (水)

近畿ブロックゼミナール・感想いただきました!②

参加者18名。「行事を核とした学年づくり」の実践でもあり、どちらかというと、ベテラン層の参加が多かった分科会。

報告者のお1人、Oさんの感想です。

<以下>

 発表させていただいた「修学旅行はウチラが作る」は、修学旅行の企画・運営等のほとんどすべてを生徒たちに実際にしてもらうことによって、どのようにして生徒たちが成長していくのか、またそれを他校で実践する際には、どのようにすれば実践が可能なのかについて考えて発表させていただきました。

 もちろん行事ですので、各校それぞれの考え方があり流れがありなかなか実践をまねるということは難しいかと思いますが、その中でも生徒が成長しているという姿をお見せすることによって、「自分の学校でどのようにすれば実践できるのか」ということについて考えていただけるきっかけとなるのではないかなと考えていました。

 ただ、3年前の実践でしたので具体的な生徒とのやり取りについては、あいまいな部分も多くかなり教師の思い込みで資料を作ってしまっている部分もあったかと反省しています。

 ただその部分については、当日急遽、修学旅行を実際に企画・運営した行事委員会の委員長やもう一人、文化祭で活躍し、修学旅行については一般生徒の立場だった卒業生が参加してくれたおかげで、参加された方々の疑問もかなり議論の中で解消されたのではなかったかと思います。

 この学校では、一つの行事だけではなく、3年間すべての行事を通じて、様々な生徒が力をつけるきっかけを与えるシステムが構築されており、本当に行事を中心として人間形成がなされている、そんな学校です。そのことをもう少し丁寧に説明しておけばよかったのかなと反省しております。

 それは議論の中心となった、行事委員会の生徒しか成長していないのではないかという疑問に答えるためです。

 3年間を通じて学年すべての生徒たちが成長してもらえるようにと射程においていましたが、できなかったことは確かです。そこで大切になるのが、「自らが知識を多く蓄え、他に分け与える」というリーダー像ではなく、どのようにすれば、「みんなが意見を言いたくなり、その調整を行うのか」といったリーダー像の欠如ではないのかという指摘には大きく目を開かされました。

 やはり、このように実践発表をさせていただけると、自分が気づけなかった部分を指摘していただけ成長できるなと実感できました。本当に貴重な機会を与えていただきありがとうございました。 

2014年3月 7日 (金)

近畿ブロックゼミナール・感想いただきました!

私学でがんばる若手、Iさんの感想です。

<以下>

新しい出会いと、学びが充実した素晴らしい学びの場となりました。今回は改めて常に学び続けることの大切さと、人と人とのつながりの素晴らしさを実感させていただきました。

午前中は、各教科が分科会ごとに分かれ、それぞれの分科会でベテランの先生方から、先生方が実際に行っておられる授業についてや、教材、そして、どのような思いや目的を持ってそれらを実践されているかを教えて頂きました。ささいな疑問点についても丁寧に答えて下さり、明日からの授業で活かせられることばかりでした。

午後の分科会では、若手の先生より、一年間の学級での取り組みをまとめ報告して頂きました。その報告を聞かせて頂きながら、自分の学級の一年間の様子を思いだしながら、楽しく聞かせて頂きました。とても勉強になりました。

懇親会では、自分の母校で勤務されておられる先生にお会いでき、懐かしい日々を思い出し、自分が教師を志した気持をもう一度思い起こすことができました。そして、公立の高校の先生とたくさんお話をすることができました。

最後に、このような素晴らしい教研を企画、運営して下さった多くの先生方に感謝の気持ちをお伝えしたいです。そして、勉強になるから絶対に行って来なさいと背中を押して下さった、自分の学校の大先輩にお礼の気持ちをお伝えしたいです。今回の教研でお会いすることができた、新しい出会いを大切に明日から頑張りたいです。

本当にありがとうございました。

2014年3月 3日 (月)

近ブロ78名盛況御礼!

みなさんこんばんは、大阪高生研の三木です。近畿・北陸ブロックゼミナール「授業祭り!!~魅せましょう!授業の底ヂカラを!!」は78名の参加があり、大盛況に終わりました。

途中、私はインフルエンザになって休んでしまいましたが、みなさまのご協力があって目標の70名を達成することができました。

100名には至らなかったのは残念でしたが、充実した学びになったことでしょう。

今日の内容を簡単に振り返ると、詫磨先生の『文化祭見てある記』は今回も大人気で、終了後たくさんの方から「DVDが欲しい」という声が上がっていたのが印象的でした。

次に、授業祭りでは国語・社会・数学・理科・英語それぞれにおいて「はっと」させられる仕掛けや教材の選び方、

生徒への投げかけがあり、「生徒がおもしろい」という謳い文句に恥じない内容であったと思います。

そして、昼からの実践分析では3つの分科会それぞれが20名を超える方が参加されました。

私は城塚先生の分科会で司会を務めましたが、参加者からも「城塚先生の姿勢がすごい」という言葉もたくさんいただきました。

最後に全体会では、各教科の分科会の交流や京都の田中先生からの問題提起がなされ、

少ない時間で十分に議論をすることはできませんでしたが、授業を前面に出した今回の近ブロに多くの方が参加したことを考えると、

「授業」に対する問題意識が高まっていることは間違いなく、今後、追求していく余地がまだまだある内容であると、全体会を通じて感じました。

懇親会も29名参加。初参加満載でわいわい飲みました。

ひとまず、大盛況であったことで一安心の三木でした。

2014年3月 2日 (日)

いよいよ本日 近畿ブロックゼミナール2014in大阪

お待ちしています。

9時前後に阪大病院前に到着するモノレールです。
10分間隔で運行していますので、自分が乗りたい駅±10分単位で計算してください。

 大阪モノレール 時刻表
◆ 阪大病院前        8:58の電車
・    蛍池(阪急宝塚線)    8:36
・    千里中央(地下鉄御堂筋線)8:45
・    山田(阪急千里線)    8:48
・    門真市(京阪線)     8:33
・    大日(地下鉄谷町線)   8:35
・    南茨木(阪急京都線)   8:46

万博記念公園(乗り換え) 8:53

阪大病院前

◆ 阪大病院前        9:08の電車
・    蛍池(阪急宝塚線)    8:46
・    千里中央(地下鉄御堂筋線)8:55
・    山田(阪急千里線)    8:58
・    門真市(京阪線)     8:43
・    大日(地下鉄谷町線)   8:45
・    南茨木(阪急京都線)   8:56
       ↓
万博記念公園(乗り換え) 9:03

阪大病院前

◆ 阪大病院前        9:18の電車
・    蛍池(阪急宝塚線)    8:56
・    千里中央(地下鉄御堂筋線)9:05
・    山田(阪急千里線)    9:08
・    門真市(京阪線)     8:53
・    大日(地下鉄谷町線)   8:55
・    南茨木(阪急京都線)   9:06
       ↓
万博記念公園(乗り換え) 9:13

阪大病院前

日時:2014年3月2日(日)9:30~17:15
場所:大阪大学 吹田キャンパス 人間科学部棟
大阪モノレール/阪大病院前駅下車/阪大東門入る徒歩10分
★テーマ 授業祭り!!~魅せましょう!授業の底ヂカラを!!~
★プログラム★
  9:30 ビデオ『文化祭見てある記』
10:00 「授業祭り」
12:00 休憩
13:00  教育実践分析
16:00 休憩
16:15 全体会・交流会
17:15 終了
18:00 懇親会(千里中央界隈)

★参加費:500円 (会員・非会員一律)
  ★主催:高生研近畿ブロック
     大阪高校生活指導研究協議会

より以前の記事一覧