おすすめ情報

本の紹介

カテゴリー「早蕨(さわらび)」の投稿

2015年3月17日 (火)

【立ち読み】「早蕨」2月号③ 「中学生と考えよう、LINE」から、「みんなで考えよう、LINE」へ。

●「中高生LINEサミット」開催
「今の中学校や小学生はすでに自分たちと(感覚が)違う。ルールや被害について、中学生はどう思っているのだろう?」
  2014年も押し詰まったクリスマス当日、区内4中学の生徒会役員生徒たちを招き、「旭中高生LINEサミット」が開かれました。企画・準備だけでなく、当日のMCを含めた運営を、「LINE同盟」の高校生たちが取り仕切るという企画です。


(中略)

この日、参加してくれた70人を超す中学生からは、

・LINEについてよく分かった。一から使い方を学んだ。
・いろんな視点からいろんな意見が聞けてよかった。LINEをしていない人も理解できた。
・他校の子と交流ができた。自分の中学校でも同じような事をしたい。

 など、好意的な声が多く寄せられましたが、それにも増して、中高生の旺盛なやりとりを参観してくださった大人の方たちから、

・しっかり自分の意見を述べる中学生、そしてそれを引き出す高校生の姿に感動した。
・中高生を見直した。頼もしい。
・こんなさわやかな気分になったのは久しぶりだ。

  など、子どもたちの可能性を絶賛する声が相次ぎました。区内4中学の生徒会執行部生徒が集まって話し合う(それも仕切るのは高校生)なんてことは今までになく、頼もしい中高生たちの姿に、今後の可能性を感じました。

 
 中学生8人のグループにファシリテーターとして高校生1人が入り、グループごとに議論を行います。とりたててリーダーシップを取れるタイプではない、どちらかというと、「仕切る」のは苦手な高校生が集まっているので、70人以上の全体を仕切るMC役も含めて、まったく自信がない。そこで、区の了解を取りつけ、事前に「議論の作り方」を、どなたか講師を呼んで教えてもらおうということになり、人選もこちらに任せてもらうことになりました。


 そこで、趣旨をご理解いただき来ていただいたのは、社団法人コアプラスの武田緑さん。事前に3度にわたって旭区に通い、ホワイトボードや付箋をふんだんに使った、「懸案事項を可視化し解決する方法」や「各人の意見を引き出す方法」などを、メンバーにしっかりたたき込んでくださいました。当日は、もちろん武田さんも含め「大人は一切マイクを握らない」。生徒たちと年齢が近い武田さんの的確な指導で、生徒たちもみるみる自信をつけ、
「参加してくれる4つの中学校の生徒たちは、当日がまったくの初対面。各班でだれも意見を言ってくれないんじゃないか」
 という懸案には、
「各中学内で、事前に親しい人2人ずつのペアを作っておいてもらおう。2人ずつを単位として、4中学×2人=8人班を1グループとしよう」
 など、なかなかよく考えられた班分け等、随所に当事者としての名案を出してきました。
(他に、会場内をクリスマス仕様にして音楽を流す、受付のクリスマスプレゼントの色分けで班分けを行う、など)


  この日のもようは10分程度の記録映像にするのですが、この作業も、旭高校放送部が、映像監督の松林展也さんの指導を受けて行います。武田さん、松林さんとも大阪高生研が何度もお世話になっている方々で、高校生たちには「プロ」に指導してもらえる、ご両人には「お仕事」をしていただける、そして成果はバッチリ、と、「三方よし」をしっかり味わいました。

●次は「白熱教室」の第2弾

 いま、LINE同盟のメンバーたちは、依頼されている「LINE」についての大人向けブックレットの制作のほか、昨年企画の第2弾、『中学生から大人まで、“みんな”で考えるLINE白熱教室(仮題)』のプロデュースを任され、準備に励んでいます。
 
  (後略。佐藤功。「早蕨」2月号。購読申し込みは、左記、「メール送信」へ)

2015年3月16日 (月)

【立ち読み】「早蕨」2月号② 関西イチ押し駅弁 ぐるっと早回り④

神戸ワイン弁当  神戸・新神戸駅
 ~神戸ワインとステーキのおしゃれで贅沢な洋風弁当~ 
 日本初のワイン付き駅弁。茶色のリボンをかけたパッケージは、洋菓子かと見紛うほどおしゃれ。


さすがはセンスにあふれる神戸の弁当だ。中を開くと、神戸ワイン・シャルドネのクォーターボトル(180ml)が1本と透明のプラスチックカップが一つ。横にはきれいな黄色のサフランライスと国産和牛のステーキ、テリーヌ入りパン、タマネギとニンジンのマリネ、ポテト、ピクルスなど、ワインに合う食材が彩り豊かに入っている。


 神戸ワインは神戸市プロデュースで口当たりがよく飲みやすい。カップ片手にステーキを食べれば、旅の楽しみが何倍にも広がりそうだ。

  (後略)
 
  (中村貴彦。「早蕨」2月号。購読申し込みは、左記、「メール送信」へ)

2015年3月 7日 (土)

【立ち読み】「早蕨」2月号① 短期連載:わがまち東大阪

  (前略)さて、東大阪を含む中河内だが、東大阪の他に八尾と柏原(奈良の橿原ではない)両市および大阪市の一部からなる。近鉄奈良線と大阪線が走り、奈良県と接している。JR環状線の鶴橋駅から奈良線の快速急行に乗ると、東大阪の駅には全く止まらずに生駒トンネルを越えて20分足らずで奈良県に入る。全国大会の会場である大阪商業大学は、近鉄奈良線の河内小阪駅が最寄り駅だが、この駅まで大阪難波駅から(大阪ミナミのターミナル駅)から7駅目14分で到着する。(普通と準急しか止まりません)新大阪駅からだと、地下鉄御堂筋線で乗り換えなしで“なんば”まで行けるし、関空からでも南海電車で簡単に難波まで出ることができる(ただし、南海難波駅から大阪(近鉄)難波駅までは多少距離がある)。伊丹空港からだと空港バスが便利で、難波か上本町行きが近鉄奈良線に接続している。


 
  東大阪市は府下3番目の人口50万人が住むまちである。昭和42年、私が小学校1年の冬に、布施市・河内市・枚岡市の3市が合併してできた。東広島市や西東京市など、大都市の近辺で東西南北のつく市名の草分け的存在。北九州市の影響か。というか、どの市も他市の名前を使用することを嫌ったのだろう。合併当初は大まかに、旧布施市の地域は大阪市内に近く商業地域として、旧河内市は中小企業が多く工業地域として、旧枚岡市は生駒山のふもとに位置し住宅地域として位置づけられたが、現在この置づけはあまりあてはまらない。大阪商業大学は旧布施市、うちの実家は旧河内市に位置する。  (後略)

 
  (西村康悦。「早蕨」2月号。購読申し込みは、左記、「メール送信」へ)

2015年2月20日 (金)

【立ち読み】「早蕨」12月号⑩ ブックレビュー  『10代の憲法な毎日』(岩波ジュニア新書)伊藤真著

法学館憲法研究所(http://www.jicl.jp/ 所長:伊藤真弁護士・伊藤塾塾長)から大阪高生研宛てに新刊の献本をいただきました。『10代の憲法な毎日』(岩波ジュニア新書)です。「内容は高校生が日ごろ経験する疑問に対して、伊藤真が答える形で、憲法の理解を深めるものです。」とのことで、早速読ませていただきました。


一読してとても良い本だなと思いましたので、ご紹介いたします。伊藤真弁護士はご存知の方も多いと思いますが、昨今の憲法をめぐる政治情勢に危機感を感じておられ、立憲主義を擁護する立場で「中高生への憲法教育の充実」のためにさまざまな教材作成や講演活動で学校教育への発信をされています。


今回の本は、中高生はもちろん先生、そして政治家のみなさんには必読書だと思った次第です。内容は、高校生の沙織と健太を中心に若者たちが日常生活で感じるさまざま問題を「中高生のための憲法相談」をしている伊藤先生に相談するシナリオ形式で展開されます。


テーマは第1章『学校内での自由と権利とは?』「茶髪はルール違反、それとも・・・」に始まって、最終節の「政治に関する請願権を行使する」まで、若者たちが生活の中で遭遇する課題と憲法とのかかわりが具体的にわかりやすく述べられています。特に学校生活の部分では、権力をふりかざした管理主義的な指導に自分自身もとらわれていることに反省させられる思いもありました。


昨今の“教育改革”についても「教育を受ける権利」から述べられていて、時宜に叶っていると思います。冒頭を読んだ知人が、「伊藤先生の回答ってそこですか!?」とズバッと応えていないもどかしさを話してくれましたが、それは問題の性質がすぐには結論の出ない、つまり、それだけ憲法の考え方をふまえた上で当事者がきちんと話し合わねばならない問題が多いということの表れかもしれません。効率優先ですぐに答えを欲して時間をかけて議論をしていく姿勢が失われている風潮の中で、議論の大前提となる憲法の価値を身近な生活問題から説き起こしている本書はとても意義ある本だと思い、みなさんには大変僭越ながら一度書店で手にとられてみることをおすすめしたいと思います。


(目次:第1章「学校内での自由と権利とは?」〈1茶髪はルール違反、それとも・・・。〉〈9生徒会でできること〉他 第2章「学校という制度のあり方を考える」〈15学校が序列化されてきている?!><19優秀な生徒を伸ばす?>他 第3章「家の中での自由と権利とは?」〈21門限とか小遣いのこと〉〈24虐待から守られる〉他 第4章「社会生活の中の自由と権利」〈26習い事をする、自分を高める〉〈27生活保護、社会保障は権利!〉他 全34節 )

(首藤広道。「早蕨」12月号。購読申し込みは、左記、「メール送信」へ)

2015年2月15日 (日)

【立ち読み】「早蕨」12月号⑨ 関西イチ押し駅弁 ぐるっと早回り③

「栗めし」 園部駅(JR山陰線)  ~栗の甘さを際立たせるご飯の塩加減が秀逸~

 フタからくり型の枠まで容器にすべて経木を使用した昔ながらの栗飯は、日本一といっても過言ではない出来栄え。栗は勿論丹波産を使用、皮剝きは一粒ずつ手作業とか。そのため渋皮が残っており、栗と一緒に炊き込んだご飯の色が淡い紅色に。全国の栗めし系弁当のごはんは、甘みのある味付けが多いなか、ここ園部のごはんは塩が効いていて、これが栗の甘さを劇的に引き立てている。付け合わせは卵焼きやカマボコ等少量入るだけだが手作り感にあふれた出色の出来。少量生産なので予約がベター。
                            (900円)

(後略。中村貴彦。「早蕨」12月号。購読申し込みは、左記、「メール送信」へ)

2015年2月 8日 (日)

【立ち読み】「早蕨」12月号⑧ 生徒の学びが深まる教師の発問とは。

本校では、高生研会員で和歌山大学の谷口知美さんを招聘して、授業研究に取り組んでいます。

 社会科の自主研修という形で、小生がコーディネートして、秋から春にかけて週に1、2日来ていただいて授業見学と振り返りをしていただいています。授業後には、数日措いて、谷口さんからA4で1から2枚にわたる丁寧な授業分析シートをいただいています。

 そこには、実践者の発問と生徒の応答がきりとられていて、分析がなされています。それは、とても丁寧で実践者にとって大きな学びの糧になるものです。

このとりくみは、この4年ほど続けています。2年前は授業づくりをテーマにした職員研修の講師もお願いしました

で、今回は、「生徒の学びが深まる教師の発問とは?」というテーマで、こじんまりした自主研修を行いました。

 10月から12月にかけて、社会・数学・保健で6名の先生の授業を参観していただきましたが、その方々と谷口さんとで、それぞれの授業をふりかえりながら、生徒の学びが深まった発問はどんなものであったのか、どういう発問が生徒の学びを深めるのかということを話し合いました。

(下略。首藤広道。「早蕨」12月号。購読申し込みは、左記、「メール送信」へ)

2015年2月 2日 (月)

【立ち読み】「早蕨」12月号⑧ 「教室の裏ワザ」ワークショップに参加して

  佐藤先生にお誘いいただき、学習会に参加させていただきました。(略)
 
 その後、『教室の裏ワザ100連発』を分担再読し、「使える・使えない・捨て難し」等に分類しました。興味深かったのは、自分が「使える」と思った「裏ワザ」が別の人からは「使えない」と分類されることがあったことです。もちろん、その逆のケースもありました。自分にとって「使える」「使えない」の判断をすることは、自分が生徒とのかかわりの中で経験したことやそこから立ち上ってくる生徒観を自覚する有意義な機会となりました。各班からの発表に際して、執筆された佐藤先生から直接「裏ワザ」の背景などをお伺いできたことも、学習会に参加したからこそ得られた貴重な体験でした。
 
 その後の意見交換会で井沼先生がおっしゃっていた「すべての指導は相対的で、長所と短所がある。」という言葉が大変印象的でした。いつでも、誰にとっても、誰がやっても、ベストの指導などなく、常にベターしかないからこそ、私たちは目の前の生徒にとって何がベターであるかを考えなくてはならないし、その時の選択肢のひとつが「裏ワザ」なのかなと思いました。
(K。「早蕨」12月号。購読申し込みは、左記、「メール送信」へ)

2015年2月 1日 (日)

【立ち読み】「早蕨」12月号⑦ 担任として初めての文化祭

本校のみで金曜日に行われた文化祭初日の朝に、教室に行ってみると劇に出演する生徒一人がまだきていませんでした。それも比較的長い時間劇に出る役でした。このままでは劇ができないのではないかと思っていたときに、クラスの何人かが「今日は宣伝だけで劇をするのはやめておく」というようなことを言ってきました。理由を聞いてみると、他のクラスでもそうするというものや今日やってしまうと明日見に来てもらえないというものでした。翌日は一般の方も来られることになっていましたが、文化祭の2日間は同じように演技するものだと思っていた私は戸惑いました。


しかし、出演者が一人いない中での演技というのはあまり良いものにはならないのではないかと思い、生徒たちの言っていた通りに宣伝だけをするというものになりました。


その後、不充分だったところを調整して臨んだ文化祭2日目でしたが、また出演者の生徒一人が来ていませんでした。また別の生徒ではありましたが、連絡もとれずにただ時間だけが過ぎて行きました。そして、私の担任するクラスの集合時刻がきました。


まだ生徒が一人いません。

(後略。K。「早蕨」12月号。購読申し込みは、左記、「メール送信」へ)

2015年1月28日 (水)

【立ち読み】「早蕨」12月号⑥ 今月のスイーツ 白いバウム

 修学旅行で北海道に行ってきた。1週間遅れていたら、飛行機が飛んでいなかった。危なかった。

さて、修学旅行に限らず北海道土産の定番が「白い恋人」。2007年の賞味期限の改ざんとか、2011年、ヨシモトの「面白い恋人」に対する訴訟とか、いろいろ問題を抱えつつも、定番のポジションを維持し続けているのはすごい。なんやかんや言ってもおいしいもんね。


その、「白い恋人」を出している石屋製菓が2009年から販売しているのが「白いバウム」だ。バターの代わりに「白い恋人」で使われているホワイトチョコを使用し、濃厚な味に仕上がっている。ホール1つで1,296円と比較的高めだが、「白い恋人」がお好きな方はぜひとも一度ご賞味いただきたい。従来のバウムの常識を覆す新食感であることは間違いない。

(西村康悦。「早蕨」12月号。購読申し込みは、左記、「メール送信」へ)

2015年1月22日 (木)

【立ち読み】「早蕨」12月号⑤ 今月の「イケ麺」は、ラーメン 八尾塩元帥

  西中島に本店がある「塩元帥」のチェーン店です。決して便利とは言えない場所にあるのですが、いつも満員で、昼時は勿論、昼時でなくても行列が出来ています。塩元帥という名の通り、一押しは天然塩ラーメン、680円。ランチタイムには、Aセットを頼むと、塩ラーメンにライスが無料でついてきます。

 トロトロのチャーシュー、もやし、そして何よりさっぱりとした塩ダレスープが美味しい!思わずスープを飲みきってしまうほどです。添加物を使っていないことや、キムチ食べ放題というサービスもうれしい店です。 勿論、塩ラーメンだけでなく、醤油ラーメンやつけ麺も美味しいし、ラーメンと空揚げやチャーハン、ギョーザなどとのセットもイケる味です。卵などのトッピングも充実しています。


(加藤都。「早蕨」12月号。購読申し込みは、左記、「メール送信」へ)

より以前の記事一覧