おすすめ情報

本の紹介

カテゴリー「おしらせ」の投稿

2015年3月19日 (木)

高校生と中学生に、プロのアナウンサーを招いての発声、表現の講座

サトウです。

「早蕨」でも紹介いただいた、本校生が仕切る「みんなのためのLINE白熱講座Ⅱ」(旭区主催)にちなみ、プロのアナウンサーの方を招き、「どうすれば効果的な表現ができるか」をレクチャーしていただいてます。

今日は、本校生とともに、区内4中学の有志たち対象の講座。
中学生も高校生も「なかなか!」でした。

「まずは剣道場をお借りして腹式呼吸と発声練習。
15歳から17歳という年齢は思春期真っ只中でコドモからオトナへの移り関わりの中で微妙な違いがあるのを目の当たりにした感じ」

指導いただいた、中村ちあきさんのブログに、第1回目のレッスンのもようを素敵に紹介いただいています。

http://ameblo.jp/go-happyhappy/

「みんなのためのLINE白熱教室Ⅱ」は、3月25日(水)午後2時から4時半まで旭区民センター大ホールにて開催。
参加費は無料。 定員は500名で当日先着順。

お時間許せれば、どうぞ見に来てやってください。

朝日新聞の記事
http://www.asahi.com/articles/ASH3L42BMH3LUSPT00V.html

2015年1月15日 (木)

「多文化を尊重する」って? 武田さんのワークショップがあります。

尼崎で。
大阪高生研会員でもある、吉水さんたちの企画です。
第18回尼崎伊丹地区在日外国人教育講座


                        開 催 要 項 
1.目的
  在日外国人をめぐる諸問題への正しい理解と在日外国人と日本人のよりよき人間関係を確立するための在日外国人教育・多文化共生教育・人権教育・開発教育について在日外国人教育講演会を実施する。この講座を通して国際都市にふさわしい学校・地域づくりを推進していくとともに、平和と国際連帯・民主教育の発展に貢献する。
2.日 時          2015年  1月24日(土曜日) 開場13:30
                                 14:30~17:00
3.多文化ワークショップ講座
  「多文化を尊重するってどういうこと?
              ~参加型で考えるこれからの学校・社会~」
   ファシリテーター:武田緑 さん【一般社団法人コアプラス代表理事】
4.会 場
      尼崎市立小田公民館〔JR尼崎駅北東すぐ・ホテル「ホップイン」東向かい〕
                      尼崎市潮江1丁目11番1-101号
                      TEL    06-6495-3181
5.参加協力資料代          500円
6.主    催
    尼崎伊丹在日外国人教育講座実行委員会  (実行委員長 平出正人)
   尼崎市東難波町3丁目19-23 ソーシャルスペース内

2014年11月27日 (木)

いつの間にやら 160000アクセス!

「キリ番」は気にしていたのですが、実行委員会や全国通信作成でばたばたしていたら、160000アクセスを早や過ぎていました。


みなさま、いつもいつもありがとうございます。


来夏には大阪で全国大会を控え、「全国大会応援ブログ」とどうコラボするか、もしくは収束させるか、など、先行きはこれからの相談。
まあとにかく、「20万!」の大台も見えてきたので、まだまだ調子に乗っていきます(かつ、過度の無理はしない)ので、今後ともどうぞよろしくお願いします。

                    (担当・サトウ)

2014年11月 6日 (木)

来週9日。今度は『授業工房』第4回

大阪高生研・後援企画
シリーズ『授業工房』第4回
公民科編「今、あらためて・・人権って何?」

★日時:2014年11月9日(日)14:00~17:00pm 受付13:30
☆場所:東成区民センター 集会室603
  〒537-0014 大阪市東成区大今里西3-2-17  地下鉄千日前線・今里筋線「今里駅」下車 ②番出口から西へ(徒歩約3分)電 話06-6972-0717

★参加費:500円

★模擬授業&発題: 杉浦真理さん(立命館宇治高)&田丸美紀 さん(府立金岡高)
  毎回ご好評(?)をいただいている授業工房。前回は古文・歴史編で、平安時代の摂関政治と『大鏡』の世界をとりあげ、内容充実の学びでした。今回はふたたび公民編に戻ります。これまで、第1回立憲主義、第3回集団的自衛権をとりあげました。今回は、あらためて基本的人権の意味を考えます・・・『「人は生まれながらにして、自由で平等です。」「基本的人権が、あるからです。」 それホンマなんかな?と、思ったことはありませんか? 時には「人権」という言葉に、アレルギーを感じる人までいるようです。「え~今さら~?」といわず、 一度、人権とは本当は何なのかを考えてみませんか?・・・。』とは授業者の弁。楽しみです。ぜひご参加ください。 (17:30ころから懇親会も予定)
★主催:「授業工房」実行委員会 後援:大阪高生研 申し込み先:左記へメールください。(資料準備の都合がありますので事前にお申込みください)

2014年10月17日 (金)

「裏ワザの会」、感想いただきました!

台風直下のなか、若手11人の皆さんと、「教室の裏ワザ2014」なる企画を行いました。
プラスOさん、Mさんによる「こんな大阪大会なら行きたいワークショップ」も行われ、さまざまな属性の皆さんから積極的なご意見をいっぱいいただき、有意義な会になりましたね。
「暴風雨行き過ぎ待ち」で自然と貸し切りとなった飲み会でも、「こんな時代になぜ教師になろうと思ったのか交流会」で盛り上がりました。
さっそく送っていただいた参加者からのメールをいくつか紹介させてください。


◇職場を離れていろいろと教えていただくといい意味でプレッシャー(自分が教えたことを実践していないじゃないか!という圧力)がないのでとても気が楽でした。。裏技もオモテワザも、身近な人に教えてもらったらいいという考えもあるかもしれませんが、普段顔を合わせないからこそ、あらゆる方向からハナシを聞けるのでありがたいです。
今後もどうぞよろしくお願いします。
100連発シリーズ、面白いです!
昨日のご意見にもありましたが、携帯などの項目を増やせば「古い」イメージはなくなるのでは…
と思います。
タイトルに数字が入っていると、読みたくなってしまう心理を上手く擽られました。
(“死ぬまでにしておきたい○○ノコト”、とか“20代で見るべき映画○○本”とか)
エネルギーをありがとうございました。
今後もどうぞよろしくお願いします。
                         (Oさん(大阪・初担任))


◇*若い先生方と、彼らが生徒だっただろう時代の 教師の裏技を今でも使えるか、◎○△×つけるのは 面白かったです。もう少し議論したかった、、、
 自分の実践のふりかえりになりました。
*けっこう昔のネタも、今も同じだなあ、、と思いました。
*あのメンバーで、あの本からベスト3を選ぶならこれ! という議論をすれば、伝説のネタ!ができそうに思いました。
*参加者のネタを今からでも集めてもいいかも!?
 自分でもたとえば日誌の活用、最後のHRで盛り上がるネタ、 授業作りの面など少し提供できたかも。みんな持ってそう。
                           (Sさん(京都・私学))



◇『裏ワザ100』の完成度の高さを感じました。まだまだ教師たちの必携書として活躍するのではないでしょうか。古くないと思います。
・話に出ていましたが、現代的な課題 (ケータイ、ICT、特別支援?など) への対応を踏まえてバージョンアップするのは今後の方向性として良いと思います。そういう話なら若者も意見を出しやすいと思います。
・楽しい企画をありがとうございました^ ^  (Iさん。(大阪・20代 男性))

2014年10月14日 (火)

台風ニモマケズ

10月13日は体育の日。3連休ということもあって、絶好の行楽日和のはずが、台風接近のためどうやら怪しい雲行き。この日はS先生主催で「裏ワザ」本について若い先生が意見を出し合う会をする予定でした。ところが、前日にJRが早々と運休を決め、「いよいよ中止か」と暗雲が立ちこめるものの、主催者の「地下鉄、私鉄が動く限りやります」という宣言もあり、当日の状況を読みながら開催することになりました。

 当日、ふたを開けてみると、台風にも負けず12人の参加者で、予定通り進めることができました。また、せっかく若い先生が集まるということで、私も全国大会の宣伝と、「どんな大会なら来たいのか」というリサーチもさせてもらい、大会づくりの参
考になりました。それもこれも、雨ニモマケズにやったお陰ですね。

 もちろん、会の後はお酒が入っての反省会。お店はガラガラでしたが、こちらも予
定通りできました。(三木)

2014年10月12日 (日)

「雨ニモマケズ」の裏ワザ会

 サトウです。
 明日の「教室の裏ワザ2014検討会」を待ち構えていたように、台風もやってきました。

「台風来てもやるんですか?」


 ご質問いくつかいただきました。

「台風来てもやります!」

 地下鉄堺筋線、鶴見緑地線が止まらない限り、もしくは「特別警報」が出て会場の中央会館が閉館されない限り、来られる方たちでやります。

 今のところの予想では、「最接近」時ではないですが、どうぞ気をつけてお越しください。

 さて、今回、「失礼を承知で」と前置きしながら、こんなご意見をくださった参加者の方がおられます。
 皆さん、この意見、どう思われますか? (ご本人の許可得て転載)

(1)クラス運営やクラス作りは担任の人柄や個性などが強く影響するように思います。また、生徒たちの持ち味や個性によって、あるクラスには有効でも、別のクラスではもうひとつ…な「裏ワザ」もあると思います。その意味で、個人の先生の「裏ワザ」の実用性を僕が選別することには引っかかりを感じます。

(2)その一方で、クラス作りが全て担任の先生に丸投げされているような気もしています(新採、ベテラン問わず)。たとえ学校が違っても、生徒が違っても、担任が違っても、共有されるべき工夫や観点があるような気がするのです。言い換えれば、「裏ワザ」の前に「表ワザ」(基本)が共有されていないような感じです。これも担任ごとに考えていることや個性は違うのだからと言ってしまえばそこまでですが、、、  (引用ここまで)

 しっかり思ったこと言ってくれる若手に「いいぞ!」です。

 上記のご意見をもとに、明日、若干の意見交換をしたいと思います。
「果たして皆に有効な裏ワザなんてあるの?」
 皆さんのご意見、おきかせくださいね。
(もちろん、サトウも自分なりの意見あります)

    記
●日時 10月13日(月・祝) 13:30~17:00
●場所 中央会館 http://www.osakacommunity.jp/chuo/
地下鉄長堀橋6番出口より歩8分です。探してきてください。
●プログラム(予定です)
①いくつかのグループに分かれ、旧版「教室の裏ワザ100連発」を分担再読してもらう→「使える・使えない・捨て難し」等の分類作業
②これらを参考に、参加者で各項目に対する「新・裏ワザ」を出し合い、みんなでパクリあい(=共有)をする。
③「新版・教室の裏ワザ」編集についての意見交換会(場合によっては編集会議)
「果たして皆に有効な裏ワザなんてあるの?」「教師としてのオモテ技も共有したい」と言ったような鋭いご意見もいただき、なかなかおもしろい議論ができそうです。
④参加者交流会(場所を変え、「飲み」も入れたい。忙しいと思うけど、ぜひ若手交流していってください)
●お願い
・「教室の裏ワザ」本をすでに持っている方はお手数ですがご持参ください。

2014年10月10日 (金)

「教室の裏ワザ2014」の会です。

おとといまで修学旅行の下見で北海道を走り回っていたサトウです。
皆さんお元気ですか。


北海道はもうすでに寒い!
油絵を盛りあげて塗ったような、そんな紅葉が盛りでした。


さて、今度若い先生や教師をめざす学生さんたちと、「教室の裏ワザ2014」検討会を行います。

拙著「教室の裏ワザ100連発」が世に出て早や干支ひとまわり。
皆さまにご愛顧いただき(なんと10刷! ありがたいです)、このたび新版を出そうという話がでました。


せっかくだから、同書を若い先生や教師をめざす学生さんに見ていただき、「今も使える」「」使えない」を仕分けしてもらおう。
希望する若手がいるなら、新本づくりも若手と一緒に(or若手にまかせて)やろうか、という企画です。


「モニターやったろ!」という方10名+α(10名の方たちのお友だち)で、現在16名ほどのメンバーで行う予定ですが、「おもしろそうやから行ったろ」「自分も本出そう」などとおっしゃる方がおられましたら、左記までメールのうえ、参加ください。


<記>
●日時 10月13日(月・祝) 13:30~17:00
●場所 中央会館 http://www.osakacommunity.jp/chuo/
地下鉄長堀橋6番出口より歩8分です。探して来てください。
●参加者 ご招待の若手モニターさん+オープン参加者(希望される方)たち今のところ16名。
ご招待は10名。遠く名古屋や京都、奈良から来てくださいます。
ありがたい限り。
公立、私学、全日制、定時制。高校教師ばかりでなく、中学教師、元気な学生さんたちもいます。


●プログラム(予定です)
①いくつかのグループに分かれ、旧版「教室の裏ワザ100連発」を分担再読してもらう→「使える・使えない・捨て難し」等の分類作業
②これらを参考に、参加者で各項目に対する「新・裏ワザ」を出し合い、みんなでパクリあい(=共有)をする。
③「新版・教室の裏ワザ」編集についての意見交換会(場合によっては編集会議)
「果たして皆に有効な裏ワザなんてあるの?」「教師としてのオモテ技も共有したい」と言ったような鋭いご意見もいただき、なかなかおもしろい議論ができそうです。
④参加者交流会(場所を変え、「飲み」も入れたい。忙しいと思うけど、ぜひ若手交流していってください)


●参加者特典
・「新版」に何らかのカタチでお名前を記載させていただきます。場合によっては「共同執筆者」となってもらうこともあります。
・「新版関係者」として、本ができたら原価で購入可となります。
・上記④の「参加者交流会」は一応会費制ですが、新版が完成し売れた場合は、もちろん返金されます(「倍返し」できたらいいな)。
・「こんなとき、あなたはどうしてますか」「こんな裏ワザがあるよ」――何よりも一番の特典は、参加者いろんな人の「裏ワザ」をききあえることです。きっと勉強になると思うよ。


●お願い
・「教室の裏ワザ」本をすでに持っている方はお手数ですがご持参ください。
では、お待ちしています。

2014年10月 5日 (日)

「発達障がいを知る」ことから始める

昨日記事のMさん推薦の映画の紹介です。


<以下>


現在、私がかかわっている困難を抱えた子どもの母親たちが、「発達障がいをみんなに理解してもらおう」とPTAの学習会を計画されています。子どもも親も先生も地域の人も、まずは「発達障がいを知る」ことから始めることが大切なように思います。


  そこで、保護者の方から薦められた「発達障がいの世界」の一端を知ることができる映像「テンプル・グランディン 自閉症と共に」を紹介したいと思います。お時間がありましたら、是非観て頂きたいと思います。
この映像は、下のURLで検索すると、スマホ若しくはパソコンから視聴できます。但し、無料の会員登録が必要です。ログインするとスマホでは分割という形で、パソコンでは108分続けて再生できます。

   
http://video.fc2.com/ja/content/20111225rtbKHfLH/


 尚、PC・TV用のDVDをご利用の方は、大阪高生研にお問い合わせください。

2014年9月13日 (土)

大阪弁護士会市民集会「労働の規制緩和は私たちになにをもたらすのか?」 ~えっ!? 大阪が「残業代ゼロ」特区になるって?!

本日です。


日時 平成26年9月13日(土) 13時開場 13時30分~16時30分
場 所 大阪弁護士会館2階ホール(大阪市北区西天満1-12-5)

内 容
第1部 知っておきたい!労働の規制緩和
  寸劇、講演(田端博邦東京大学名誉教授)
第2部 みんなで考えよう!幸せになる「労働規制」とは。
 「ブラックバイト」実態調査報告、各現場からの発言など


入場料など 参加費無料(お申込不要)


http://www.osakaben.or.jp/event/2014/2014_0913.php

より以前の記事一覧